引っ越しはがきが安い、おしゃれ!私のおすすめ3選を比較紹介

引っ越しをして住所が変わったら、新住所のお知らせ&近況報告も兼ねて引っ越しはがきを出しておくと安心ですよね!

とは言っても、自分であれこれ準備するのは面倒!

そこでデザインの印刷から宛名印刷まで全て丸投げできる、おすすめの印刷業者をご紹介したいと思います。

格安でおしゃれな引っ越しはがきが作れますので、ぜひいずれかのうち1つを選んで印刷注文してみてくださいね!

実際に使って分かった!安い&おしゃれな引っ越しはがき注文ならここ

挨拶状ドットコム

  • 写真なしデザイン:140種類
  • 写真ありデザイン:63種類
  • ご当地はがき:47種類
  • 自宅へのお届け:送料無料
  • 宛名印刷:1枚10円

挨拶状ドットコムはいろんな「挨拶状」を取り扱っています。

中でも引っ越しはがきは通年で人気がある商品で、直契約したクリエイターが描き下ろした完全オリジナルのデザインのみ取り扱い中。

なのでそのオシャレさは折り紙付きで、はがきをもらったほうも印象に残るようなものばかり。

丸投げでこのレベルの引っ越しはがきが作れるなら安いと感じられるはず。

あなたのセンスの良さもさり気なくお伝えできちゃいます。

また、一味違うユニークな引っ越しはがきがいいかも…という方には「ご当地はがき」もおすすめです。

その都道府県の名産や名物をデザインにまとめたこんな面白かわいいはがきもあるんです。

ぜひ引っ越し先の県のデザイン、検討してみてください♪


※左から、大阪、群馬、青森、香川です。

宛名印刷は1枚10円だけど・・・

強いて残念な点を言えば、宛名印刷が有料ってことですね。

以下に紹介する他社だと無料でやってくれるため、そこが気になる人もいるかも知れません。

ですが挨拶状ドットコムならそこを差し引いてもおしゃれさで大きなメリットもあるため、おすすめには変わりません。

カードボックス

  • 写真なしデザイン:300種類
  • 写真ありデザイン:54種類
  • 自宅へのお届け:送料無料
  • 宛名印刷:完全無料

カードボックスの場合、引っ越しはがきにしてはそのデザイン数の多さがピカ一です。

写真ありデザインで作ろうと思っても50種類を超えるテンプレがありますから、デザイン選びが楽しくなるほど。

一風変わったアンティークデザインなんていうのもあります。

センスたっぷりのデザイナーズデザイン、かわいい系のキャラ系デザインなど本当に多種多様です。

また、都道府県を跨いでの転居であれば、それがビジュアルでわかる「引越しMAPはがき」もおしゃれでおすすめですね!

海外への赴任に伴う引っ越しにも使えるのがまた凄いです。

※ただ細かいことを言えば、〇〇県から〇〇県へ!という絵の指定まではできないのがちょっと残念かも。

おたより本舗

http://o-tayori.com/

  • 写真なしデザイン:50種類
  • 写真ありデザイン:14種類
  • 自宅へのお届け:送料無料
  • 宛名印刷:完全無料

シンプルゆえに安い、でもしっかり印象に残るデザインがあって、安さを追求したい方には特におすすめなのがこれ。

あまりこてこてした感じではなく、すっきりと引っ越し報告できるのでいいですよ!

宛名印刷が無料でできる点もコスト面で安くなるので嬉しい限り。

料金徹底比較!最安値はどこ!?

各サイトを見るとちゃんと印刷料金が載ってはいます。

ですが、切手代を含まない料金だったり、税込みではなかったり、各社とも条件が揃っていないんですよね…。

そこで私のほうで同じ条件(切手代、はがき代込み、税金分も考慮)で料金比較をしてみました。

以下の比較表を見れば、どこが一番安いのかが一目瞭然となります!

注文枚数 挨拶状ドットコム カードボックス おたより本舗
10枚 3,710円 3,710円 4,301円
20枚 4,780円 4,780円 5,668円
30枚 5,850円 5,850円 7,035円
40枚 6,920円 6,920円 8,402円
50枚 7,990円 7,990円 9,769円
60枚 9,060円 9,060円 11,048円
70枚 10,130円 10,020円 12,305円
80枚 11,200円 10,980円 13,518円
90枚 12,270円 11,940円 14,709円
100枚 13,340円 12,900円 15,867円

※カードボックスは「お買い得引越はがき」デザインで料金算出
※おたより本舗は「★★★デザイン」で料金算出

ちょっとびっくりなんですが、60枚ラインまでであれば挨拶状ドットコムとカードボックスのお値段は一緒です。

そして70枚ライン以降は微差ではあるもの、カードボックスのほうが安くなることがわかりました。

※但し、カードボックスはお買い得引越はがきの料金を参考にしておりますので、普通のカラーデザインを選んだ場合はもう少し料金は高くなります。

選ぶデザインによっては料金が変わるという事情を踏まえると、この比較表はあくまでも1つの参考に留めておいて欲しいかな、と言う感じです。

但し、間違いない情報としては、挨拶状ドットコムとカードボックスであればどちらも同じくらいの安い料金だということ。

その中でご自身が気に入ったおしゃれなお気に入りデザインで引っ越しはがき印刷をオーダーすれば良いでしょう。

宛名印刷も一緒に注文するなら…

挨拶状ドットコムに関しては宛名印刷は有料オプションで1枚10円となっています。

そのため、それを含めると50枚で500円、100枚で1,000円が加算されることをお忘れなく!

個人的には無料なら利用したほうが良いし、1枚10円程度なら工程丸投げという意味でも利用して自分でやる手間を省いたほうがおすすめですね。

引っ越しはがきはクーポンや割引制度で安く注文できる

引っ越しはがきの印刷をネット業者でやる際、忘れていけないのがクーポンや割引制度の存在です。

基本的にはどこもベースとなる割引があるのですが、実はそれ以外にも特別な割引をしてもらえることがあるんですね。

その代表格がクーポンであり、これを知っているのと知らないではちょっとですが料金に差が生まれます。

でもどうせなら数百円でも安くなったほうが嬉しくないですか?

あとから知って、損した気分になるのは嫌ですもんね…。

挨拶状ドットコムの割引クーポン

挨拶状ドットコムではおそらくいくつかのクーポンがあるのですが、引っ越しはがき注文で使える300円割引のコードを知っています。

それが年賀状でも使えたのですが「2020ねずみ」になります。

これを料金確認画面のクーポン入力欄に入れてみてくださいね!

300円という割引額はちょっとかも知れませんが、宛名印刷代をこれでカバーできるかも知れません。

カードボックスはフェイスブックでのいいね!で安く

カードボックスでの引っ越しはがきでもクーポンコードが使えます。

こちらはフェイスブックでカードボックスのアカウントにいいね!をしてください。

これで5%安くなるクーポンコードが表示されるようになりますよ!

5%ですから、割引額も挨拶状ドットコムをほぼ同じくらいになるでしょう。

引っ越しはがきのマナー、注意点

引っ越しはがきに関しては特に注意すべきことはありません。

必要と思う人に、早めにはがきを出してお知らせする!

・・・シンプルにこれだけでオッケーです。

強いて言えば、忘れない今のうちに準備をしてすぐに投函しましょう!というのが私からのアドバイスですね。

引っ越しはがきはいつ出せばいいの?

引っ越し後は新居の片付けもあって大変かと思いますが、目安として1か月以内にはがきを出すようにしましょう。

2か月以上空いてしまうと、せっかくお知らせをもらったほうもちょっと白けてしまいます。

また12月の引っ越しであれば、年賀状を引っ越し報告も兼ねて送るという手もあります。

誰に出したらいいの?

基本的には毎年年賀状のやりとりをしているような方であれば全員に出しておくべきです。

これが一番確実で無難です。

はがきをもらったほうも、「わざわざ自分にも送ってくれた!」ということで悪い気はしないはず。

はがき代を節約したいという場合でも、特にお歳暮を頂戴するような仲の方には必ず引っ越しはがきで早めに新住所をお伝えしてください。

郵便局で転居届を出しておいても、運送業者がそれ以外のところだと荷物が届きませんからね(^-^;

Copyright© 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.