暑中見舞い

暑中見舞いが安い、おしゃれ!私おすすめのネット注文お手軽業者まとめ


※画像引用元:挨拶状ドットコム 寒中見舞いデザインより

暑中見舞いは年賀状と比べても出す人はそんなに多くはありません。

でもだからこそ、わざわざ暑中見舞いはがきをもらうと非常に嬉しいものですよね!

そこまでコストがかかるわけではないですし、近況報告や相手を思いやるお気持ちがあるならぜひ出しておきましょう。

暑中見舞いは特段ルールがあるわけではありませんし、それなりの仲ならば年賀状のような感覚で積極的に出して構わないものです。

でも、せっかく暑中見舞い・残暑見舞いを出すならば、安っぽいものではなくてデザイン性もちゃんとしたおしゃれなものがおすすめです。

相手がポストを空けてはがきを手にした瞬間、「おーオシャレ、センスある!」って感じてもらえたほうが絶対に良くないですか!?

それに、こだわって選んだ気持ちは相手にも確実に伝わりますからね。

というわけで、このページではオシャレで安い(コスパが良い)暑中見舞い・残暑見舞いの印刷サービスを比較して紹介をしています。

私が実際に注文し、これはいいね!と思えたところを純粋におすすめさせてもらっていますよ。

ぜひ参考にしてみてください!

実際に注文済!私おすすめの暑中見舞い印刷サービス

以下、おすすめ順にご紹介していきますね!

  1. おたより本舗(デザイナーズ、宛名印刷無料)
  2. カードボックス(宛名印刷無料、キャラクターものアリ)
  3. 挨拶状ドットコム(デザイナーズ、宛名印刷1枚11円)
  4. ラクポ(宛名印刷1枚27円)
それなりの枚数注文される方、また宛名の手書きに自信がない方は、宛名印刷無料のところが楽だしおすすめです(*^^*)

※各サービスの料金の比較表は以下にまとめておきました。

料金比較表(注文枚数10~50枚)

単に印刷料金+はがき代で一番安いのはラクポです。

ですが宛名印刷まで考えると、おたより本舗が安い!という結論に至ります。

注文枚数 おたより本舗 カードボックス 挨拶状ドットコム ラクポ
10枚 2,816円 3,487円 4,304円 2,630円
20枚 3,817円 4,500円 5,418円 3,610円
30枚 4,819円 5,512円 6,532円 4,560円
40枚 5,820円 6,525円 7,646円 5,520円
50枚 6,821円 7,537円 8,760円 6,470円
宛名印刷 無料 無料 1枚11円 1枚27円

※おたより本舗は★★のカラーデザインで算出
※カードボックスは「フルカラー暑中見舞いはがき」で算出

各社色んなデザインがあり、それによってお値段も微妙に変わることがあります。

なので比較するのは実はそんなに簡単ではない、ってことだけはご理解の上、参考にしていただければと思います。

おたより本舗(デザイナーズ、宛名印刷無料)

  • 写真なしデザイン:200種類(残暑見舞い用もあり!)
  • 写真入りデザイン:131種類

※法人向けデザインもあり

おたより本舗という名前の通り、挨拶状印刷を専門にやっている業者です。

ここも専門部署、及び外部クリエイターと契約し、ここだけのオリジナルデザインで勝負しているのが素晴らしいです。

実際見てみると、写真あり・なしに関わらず本当におしゃれです(^^)/

しかもオーソドックスな暑中見舞いデザイン以外にも、結婚や出産、引っ越しの報告を兼ねたタイプの専用デザインも用意されているんですね!

写真を使って雑誌のカバーみたいなクオリティでも作れますからね!、、、これは本当にオシャレです。

こういうのは近況報告も一緒にしたい方にもぴったりです。

また意外と嬉しいのが宛名印刷完全無料!という点です。

他社だと少なからずここで料金が発生するものの、おたより本舗の暑中見舞いは何枚依頼しても宛名印刷はタダ。

手書きでの宛名書きに自信がない方でも、お金をかけずにキレイな宛名面にすることができますね!

カードボックス(宛名印刷無料、キャラクターものアリ)

暑中見舞い、残暑見舞いはがきで400を超えるデザインがあるカードボックス。

毎年新デザインが追加されるなど、年々進化しており、今ではかなりおすすめな印刷サービスに食い込んできました。

私も年賀状で利用したことがありますが、宛名印刷が完全無料で非常にコスパは良かったですよ!

写真入り暑中見舞いはがきを作る場合でも、おしゃれな銀塩プリントで作成することも可能。

あとは子供受けが良いキャラクターものデザインもあったりと、ここもお便り本舗並みにパーフェクトなおすすめ業者さんです。

上品でおしゃれな「GOLDトナーデザイン」なんかもここの売りでいい感じですよ♪

挨拶状ドットコム(デザイナーズ、宛名印刷1枚11円)

  • 写真なし(イラストのみ):165種類(残暑見舞いにも対応)
  • 写真あり:55種類

※法人向けデザインもあり

年賀状、寒中見舞い、引っ越しはがきでも人気の「挨拶状ドットコム」。

オンリーワンなデザイン力、そして失敗しないクオリティで勝負しているところです。

暑中見舞いのデザインとしては当然ながら個人、法人と2タイプですが、個人で言えば通常デザイン(イラスト系)が165種類、

そして写真を入れられるのが55種類(合計200種類オーバー!)とかなり多いです。

しかもオーソドックなものからハイセンス・オシャレ系なデザインまで揃っており、暑中見舞いでちょっとしたデザイン的なサプライズを演出できるかもしれません。

特に普段普通のはがきをもらっているような方には、こういう他では見ないようなデザインはがきは絶対にウケること間違いなしです。

また家族の写真を入れたデザインもかわいくていいですね!

子供の成長って早いですし、冬の年賀状から半年経っての子供の成長をじじばばや親戚に見せるのも粋な計らいです!

ラクポ(宛名印刷1枚27円)

  • 写真なし(イラストのみ):180種類以上
  • 写真あり:43種類

ラクポの暑中見舞いも安いわりにデザインが充実していい感じです。

挨拶状ドットコムとはまた違ったテイストのものもあったりしますし、ポップ系のデザインに関してはこっちのほうが強いかもしれません。

すいか、ひまわり、ラムネなど夏の風物詩をシンプルに、オシャレに描いた独特な新しい感じのはがきもあってホントに迷ってしまいます。

ここも取りあえず実際にデザインを見てみてくださいね!

尚、送料無料にはなりますが、宛名印刷が「基本料無料」ってだけで1枚当たり25円かかります。

とは言ってもキャンペーンをやっていたりするので、挨拶状ドットコムとそこまで大きな価格差になることもありません。

あくまで気に入ったデザインがあったなら使えばいいと思いますね。

暑中見舞いのルール、あれこれ

はがきを送る時期について

一般的には梅雨が明けて本格的な夏到来!となってから、立秋が終わるまでに送るのが暑中見舞いとされています。

じゃあ2021年の立秋はいつからいつまで?ということになるんですが、ズバリ以下の期間です。

2021年は8月7日(土)〜8月22日(日)

なので7月後半~8月半ばくらいまでに手配すれば完璧です。

ちなみに立秋を過ぎると今度は残暑見舞いに切り替わります。

なので8月の3周目に入ったらもう残暑見舞いとして送ることを想定して準備をしたほうがいいですね!

暑中見舞いのお返し、返事はどうするべき?

自分が出していない相手から暑中見舞いを頂戴した場合なんですが、何もしないのが一番良くないと思われます。

相手は見返りを求めてはいないかもしれませんが、それでもお返しやお返事があったほうが気持ちいいし嬉しいに決まっていますからね!

まず暑中見舞いをもらったら暑中見舞いで返すのが普通ですが、時期的に立秋を過ぎそうなら残暑見舞いという形でお返事をするようにします。

またお返しのためだけに1.2枚本格的なデザインで用意するのが面倒、コスパが悪い、という場合には、近くのコンビニに数枚だけ売っている可能性があるのでそういうのを使うといいのではないでしょうか。

他には東急ハンズやロフト、街の本屋さんにもデザインはがきが売っていますよ。

他のはAmazonや楽天市場などのネット通販で買うという手もあります。

それもちょっと、、、
というのなら、気心の知れた相手に限り、電話やメール、LINEを使っての返事もアリかと思います。

とにかく「なにもしない」っていうのは一番避けたいですね。

-暑中見舞い

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング