いろんな年賀状サイト解説 年賀状クーポン情報

郵便局の年賀状印刷って安い?クーポンや料金など徹底解説するよ

郵便局を「年賀状印刷業者」と呼ぶにはちょっと違いますが、地域密着型で知名度が凄いので年賀状印刷はやっぱり人気です。
私の親もそうだけど、この時期になったらとりあえず郵便局で年賀状注文!という方も少なくないよね!
郵便局の年賀状印刷はかなり詳しいので、クーポンや料金のことなど、ポイントをまとめてみました!

郵便局は特別安いわけではありませんが、「安定のサービス」という意味では安心感が別格ですよね。

まぁ、気に入ったデザインと料金のバランスでどうするか決めればそれでオッケーかと思いますよ!

当サイトでも、おすすめデザインとその料金表をわかりやすくご紹介していきます。

郵便局の年賀状印刷、大事な点

  • 窓口注文もネット注文もできる(ネット注文のほうがWEB割で5%OFFになる)
  • 早割があるので、なるべく早く利用したほうがお得
  • 宛名印刷サービスはあるがちょっと高め(基本料金1080円+1枚30円)
  • デザイン数は多くないけど、郵便局オリジナルのものもあってオシャレ
実際に作って分かったおすすめベスト5がコチラ!
⇒年賀状印刷が安い【2022年】
2022年とら年用の年賀状印刷で損したくない方は要チェック!

郵便局での年賀状印刷に使えるクーポンや割引情報をチェック

郵便局では実はいくつかの割引がありますので、これを読んでいる方には損しないようにぜひチェックしておいてもらいたいです。

ざっくり以下の3つがありますよ!

  1. WEB割引5%OFF
  2. 会員登録者、全員が使える210円引きクーポン
  3. 早割(期間によって割引率が異なる)

まず、WEB割引があるので郵便局の窓口で注文はしないほうがいいです。

そこまで行くこと自体が時間の無駄な上に、5%OFFの恩恵が受けられませんからね!

そして会員登録さえしておけば、必ず使える210円クーポンもあるのでこれもぜひ利用をしましょう。

マイページ内に「クーポンを獲得する」ボタンがあるので、それをクリック(タップ)するだけでオッケーです。

会員限定クーポン取得・利用の流れ

ダイレクトメール割引(210円)というものもあるのですが、それとの併用はできませんよ!

早割は期間によってお得度に差がある!

年賀状印刷サービスにおける「早割」は、けっこう細かい刻みでちょっとずつ割引率を下げていくことが多いです。

ですが郵便局の早割はざっくりと2段階のみなんです。

分かりやすくて良いと思います。

  • 第一弾:15%割引-9/2(月)~11/5(火)
  • 第二弾:10%割引-11/6(水)~12/6(金)

そして12/7(土)以降は早割は消滅しますので、一気にお得感が無くなってしまいます。

できれば11/5までに、遅くとも12/6までには注文をするようにしたいですね!

郵便局の年賀状印刷、その基本ポイントを知っておこう!

デザイン数 WEB限定265点、WEB/カタログ共通342点
(うち、写真年賀状108点、デザイン絵柄年賀状499点)
選べる印刷方法 写真年賀状において
プリンターフォトかポストカードから選択できる
割引制度
  • WEB割引5%OFF
  • 会員登録者、全員が使える210円引きクーポン
  • 早割(期間によって割引率が異なる)
宛名印刷 基本料金1,080円 + 枚数×30円
投函代行サービス 宛名印刷を利用した会員は無料で利用可能
はがき持ち込み 持ち込みには対応していません!
支払、決済方法
  • クレジットカード(1回払い)
  • Pay-easy(ペイジー)
  • 代金引換(手数料330円)
自宅へのお届け送料 送料無料(ゆうパックでお届け)
納期 注文から最短2営業日以内で発送
(宛名印刷は+2日)

どんなデザインがあるの?

デザインの種類についてはこのあとまた解説していきますが、

  • 豪華な箔押しデザイン
  • 郵便局だけの珍しい「切手デザイン」
  • 万人受けするポップでかわいい系
  • 干支をテーマにした一般的なもの
  • お正月らしい和風、富士山デザイン

など、幅広く取り揃えています。

その他、珍しいところで言えば、「名車コレクション年賀状」「涼風花年賀状2020」「えほん年賀状2020」「アマナイメージズの年賀状2020」などもあり、オリジナリティも十分出せますよ!

WEB限定のデザインもかなりあるから、ぜひ公式ページでチェックしてみよう♪
郵便局の窓口で申込みする方法とメリット・デメリット

郵便局に行くと、入口付近にこういった年賀状のカタログがあるのを見たこと、ありませんか?

これに年賀状印刷の全商品(デザイン)と申込書が入っているんですね!

郵便局の2020年用の年賀状印刷カタログ

郵便局の窓口での年賀状申込用紙

デザインを冊子形式でチェックできるのでこれはこれでかなり便利なんです。

カタログを見ながら申込書を記入していけばオッケーなので、パソコンやスマホに疎い方でも申し込みがしやすいですからね!

不安なら窓口の局員に申込書を見てもらえばより確実です!まさに安心の郵便局、と言う感じですよね!

ただ、さっきもいった通り、ネット注文のほうが割引が効いて安くなります。

具体的にはネットだと印刷代金が5%安くなるため、その差額は馬鹿になりません(早割はネットでも窓口でもどちらでも共通です)。

ただカタログからの申込みに関しては、2020年の場合ですが郵便局オリジナル卓上カレンダーがもれなくもらえる!というメリットが!

料金かカレンダーか、、、天秤にかけるとやっぱり料金が安いほうがいいかな、って思いますがどうでしょうか!?

年賀状デザインと印刷料金を解説!

デザイン数もカテゴリもそれなりにあるため、まずは、
・作りたいのが写真年賀状なのか
・写真なしのイラスト・絵柄タイプの年賀状なのか?
をはっきりとさせると良いですね!

私のほうでも、この2つに大きくわけて説明をしていこうと思います。

【郵便局で作る写真入りの年賀状】

自分で用意した写真を入れられるタイプのデザインなんですが、これは全部で108点とちょっと少なめです。

公式サイトのほうで「写真を入れるタイプ」にチェックを入れ、デザインカテゴリも選択した上で検索をかけると良いですよ!

私の率直な感想!

デザイン数が少ないのでどうなのかな~とは思いましたが、かなりオシャレで今風なデザインがあって良い感じだな!と思いました。

デザイナーズ年賀のようにセンスが光るものがあり、いくつか使いたいと思えるデザインが実際にいくつか見つけられましたね。

またディズニーデザインのものもあり、小さなお子さんがいらっしゃる家庭にもアリだと感じます。

「写真年賀状」には2つの印刷仕上げタイプがある!

  • プリンターフォト(普通の業務用レーザープリンタ、周りにフチができる)
  • ポストカードタイプ(光沢・厚みがあってキレイ!フチなし)

写真年賀状タイプのデザインを選んだ場合、上記2つのいずれかの印刷仕上げに別れます。

これはデザインによっては私たちが選べますが、最初からどちらかに決まっているものもありました。

他のネット注文業者では同じデザインでも普通印刷か高画質印刷かほぼ確実に選べるの一般的ですが、郵便局では違うようです。

プリンターフォトとポストカードタイプの比較(異なるデザイン)

プリンターフォトとポストカードタイプの比較(同一デザイン)

当然ながら安いのはプリンターフォトです!

でもお気に入りの写真をキレイに印刷して年賀状にしたいなら、ポストカードタイプを選ぶと良いですよ!

プリンターフォトタイプとポストカードタイプの料金表(比較)

それでは写真年賀状における2つの印刷仕上げタイプの料金表をまとめ、さらには比較をしていきましょう。

写真を使うならより高画質でキレイなポストカードタイプが良いに決まっていますが、料金を見ないと決めるに決められませんからね!

枚数 プリンターフォト ポストカード 差額
10枚 2,860円 3,320円 460円
20枚 3,270円 3,880円 610円
30枚 3,680円 4,440円 760円
40枚 4,090円 5,000円 910円
50枚 4,500円 5,560円 1,060円
60枚 4,910円 6,120円 1,210円
70枚 5,320円 6,680円 1,360円
80枚 5,730円 7,240円 1,510円
90枚 6,140円 7,800円 1,660円
100枚 6,550円 8,360円 1,810円

こちらはあくまでも印刷料金の基本料金における比較表です。

年賀はがき代は、注文枚数分が別途かかりますよ!

そして差を見てみると、50枚の時で1,000円くらい、100枚の時で1,800円くらいの差しかないことがわかります。

たったこれだけの差で家族の写真、子供の写真などがきれいに印刷されると思えば、コスパとしては非常に良いのかな、って思いませんか!?

大した差額でもありませんよね!

【写真なし(イラスト・絵柄のみ)デザインの場合】

郵便局の年賀状デザインで、イラスト・絵柄ものは約500点となっており、写真ありタイプよりも5倍も多いです。

実際、写真なしタイプの年賀状を選ぶ方のほうが多いんでしょうね!

これに関してはカタログ冊子の写真を使いながら、需要が多そうなものから順にご紹介をしていきたいと思います。

スタンダード年賀状、メッセージ年賀状

スタンダード年賀状(郵便局の年賀状カタログより)

メッセージ年賀状(郵便局の年賀状カタログより)

⇒公式サイトで「スタンダード年賀状」デザインを見る

この2つはどちらも同じ印刷料金なのですが、その名の通り、いろんな人に受け入れられる万能性を持つデザインです。

干支をモチーフにした筆文字絵柄や、お正月っぽいメッセ―ジがデザインとして入っています。

必要以上に凝らず、安くサッと年賀状を準備したい方には特におすすめですね!

このデザインの料金表

枚数基本利用料金割引済料金はがき代込み
10枚3,260円2,607円3,237円
20枚3,770円3,011円4,271円
30枚4,280円3,416円5,306円
40枚4,790円3,830円6,350円
50枚5,300円4,235円7,385円
60枚5,760円4,602円8,382円
70枚6,220円4,969円9,379円
80枚6,680円5,336円10,376円
90枚7,140円5,703円11,373円
100枚7,600円6,080円12,380円

※WEB割5%OFF、早割15%OFFを適用済み

ポップ、tokimeki(トキメキ)

ポップデザインとトキメキデザイン(郵便局の年賀状カタログより)

⇒公式サイトで「POPデザイン年賀状」を見る

ポップでオシャレ感漂うデザインとなっており、ある程度仲の方にはこれくらいの年賀状が堅苦しくなくていいですよ!

干支やおもち、おせちなどをかわいくキュートに描いています。

個人的には「アスリートパンダ年賀状」が笑えました!パンダがバーベルや吊り輪をやっています笑


このデザインの料金表

こちらはスタンダード年賀状と全く同じ料金となっているため、そちらを参考にしてください。

お買得年賀状

⇒公式サイトで「お買得年賀状」デザインを見る

ちゃんとカラー印刷ではありますが、絵柄はだいぶシンプル、でもその分お買い得=安くなっているのが嬉しいデザインです。

私が見る限り、全く問題ないデザイン性ですし、むしろ全然いいじゃん!という感想しかないくらい。

リーズナブルさをできるだけ求めたい方にぴったりですよ!

このデザインの料金表

枚数基本利用料金割引済料金はがき代込み
10枚2,040円1,628円2,258円
20枚2,400円1,920円3,180円
30枚2,760円2,202円4,092円
40枚3,120円2,494円5,014円
50枚3,480円2,776円5,926円
60枚3,780円3,021円6,801円
70枚4,080円3,256円7,666円
80枚4,380円3,501円8,541円
90枚4,680円3,736円9,406円
100枚4,980円3,981円10,281円

※WEB割5%OFF、早割15%OFFを適用済み

特選キャラクター年賀状

⇒公式サイトで「特選キャラクター年賀状」デザインを見る

ディズニー、ムーミン、となりのトトロの絵柄が入った年賀状です。

種類は正直少ないのですが、ご希望のキャラがあるならぜひ使ってみたいですね!

絵としてクオリティもものすごく高く、安っぽい感じが全くしないのがまた良いですよね!

WEB限定デザインも入れてキャラクター年賀状を検索するともっといろんな種類がでてきます!

ディズニーデザインも選択肢が更に増えますよ!

このデザインの料金表

枚数基本利用料金割引済料金はがき代込み
10枚4,120円3,294円3,924円
20枚4,670円3,726円4,986円
30枚5,220円4,169円6,059円
40枚5,770円4,611円7,131円
50枚6,320円5,054円8,204円
60枚6,840円5,468円9,248円
70枚7,360円5,882円10,292円
80枚7,880円6,296円11,336円
90枚8,400円6,720円12,390円
100枚8,920円7,134円13,434円

※WEB割5%OFF、早割15%OFFを適用済み

切手デザイナーによる年賀状

⇒公式サイトで「切手デザイナー年賀状」デザインを見る

今年の郵便局のオリジナルデザインの1つがこれです!

数名のデザイナーにイラストを描き下ろしてもらい、独自性あふれる素晴らしいデザインになっています。

個人的には「せっかく郵便局のイラスト年賀状をオーダーするなら、これはぜひ使ってみるべき!」と思いますね。

このデザインの料金表

こちらは特選キャラクター年賀状と全く同じ料金となっているため、そちらを参考にしてください。

その他、他にもまだまだある!(公式サイトで検索してみよう)

さて、ここまで料金的にも安価で広くニーズがありそうなものを選んでご紹介してきました。

ですが他にもまだまだデザインはあります。

あとは実際にカタログを見てみたり、WEB限定デザインも載っている公式サイトで条件を入れて実際に検索してみてくださいね!

※WEB限定デザインはかなり種類が豊富です!

もっと高級路線のものであったり、更に個性が強いユニークなものなど、見ているだけでも楽しくなってきます。

全部で600デザインしかない、とは思えないくらいの満足度があるはずです!

料金はその都度、自分でもチェックできるから便利!

インターネットでの申し込みに限ってなんですが、デザイン毎に料金見積もりができるのでとっても便利です。

これってもしかして今年の年賀状サイトで初めて付いた機能かも知れません。

・宛名印刷の有無
・注文したい枚数

を入れるだけで、いくら割引が入っているのかも含め、その詳細がわかります。

更には、はがき代も込みでの総額料金もわかるのが嬉しい限りですよね!

注文確定の直前ではなく、最初から料金がわかるのは便利よね!ここで予算範囲外だったら即却下もできるし効率的だわ♪

その他、重要なポイント

宛名印刷は出来るけど有料、ちょっと高め

年賀状印刷で切っても切り離せない関係にあるのが「宛名印刷」ですね!

心を込めて相手の名前を住所を手書きする、というのも良いですが、枚数が多かったり字に自信がない場合はやっぱり印字して欲しいもの。

最近は宛名印刷自体、無料オプションするところも増えているのですが、郵便局では未だに有料オプション。

その料金設定は【基本料金1,080円 + 枚数 × 30円】となっています。

これは他と比較してもけっこう高い部類に入るんですよね~泣。

例えば50枚の宛名印刷を依頼した場合の料金は2,580円、100枚だと4,080円となります。

いくら印刷料金が安いもの選んでも、ここでプラスマイナス0になってしまうんですよね…

もし節約のお気持ちが強いのであれば、年賀状の宛名印刷が無料のところでいくつか候補を見てみてください。

デザイン性も素晴らしい、コスパに優れたネット注文業者が見つかるはずです。

今年の年賀状印刷、どこにしよう…とお困りなら!

ひろこ
毎年、年賀状の準備って大変ですよね(^-^;

いろんな年賀状印刷サービスがありすぎて、結局どこがいいのか良くわからない…そのお気持ち、とっても良くわかります。
私も数年前までまさにそんな感じだったのですが、独身時代から結婚、出産を経て、いろんな年賀状印刷を利用しまくりました!

※これら過去の実績の極々一部です笑
今まで作った年賀状の数々

おかげさまで年賀状作りが大好きになり、各社のポイントも自然にわかるように!

そんな年賀状マニアな私が、安くてコスパが良い今年おすすめの印刷サービスをトップページで心を込めて紹介しています。

要参照:年賀状印刷が安い!私のおすすめ比較ランキング

シンプルに安くてお財布に優しいところから、デザインが良いけどコスパも良いね!ってところまで、お気に入りの年賀状印刷サイトが必ず見つかるはず。

これを読んで、今年の年賀状の準備をサクッと納得の料金・満足度で終わらせてしまいましょう!

ぜひぜひ、参考にしていただければと思います。

-いろんな年賀状サイト解説, 年賀状クーポン情報

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング