おすすめの年賀状印刷 年賀状クーポン情報

しまうまプリントで年賀状印刷【クーポンや料金、宛名印刷】まとめ!

▼しまうまプリント 公式の年賀状サイトはこちら▼
https://www.n-pri.jp/nenga/
しまうまプリントの年賀状印刷って、最初は学生の時に使ったかな?

今はかなり進化しているし、写真年賀状も銀塩プリントなのに安いのよ!私も実際に作ったわ!

私が作ったしまうまプリントの写真入り年賀状

確かにここの年賀状は安いのが売りで、正直デザインとかまで細かく見ると微妙かも、という時期もありましたね(^-^;

ですが今はだいぶデザインも良い感じになってますよ!

うん、それは作ってみて超実感したわ!かなりおすすすめの年賀状印刷サービスだから、ぜひ使ってみて欲しいわ!

しまうまプリントは、年賀状印刷サービスにだいすけお兄さんを使っていました。

※今年はもう違いますが(^_^;)

子供たちの、いやむしろお母さんのアイドルですから、これで一気に知名度も広がりました。

しかもちゃんとサービス内容も改善され、安さも伴っているのでリピーターが多いのもうなずけます。

このページではそんな「しまうま年賀状」のポイントをわかりやすくお伝えしていきますよ!

(もちろん、大事なクーポンや割引のことも!)

利用するか、しないのか、の最終判断がこのページでできるはずです!

▼しまうまプリント 公式の年賀状サイトはこちら▼
しまうまプリントの年賀状はアプリでの作成、印刷発注も可能です。

基本的にはWebサイト版と内容は同じですが、アプリでやりたい!という方はこちらのしまうまプリント公式アプリをチェック、ダウンロードしてみてくださいね!

しまうまプリントの年賀状、要点まとめ!

デザイン数 2000種類以上
印刷仕上げの方法 1、印刷仕上げ(フチあり・普通の画質)
2、写真仕上げ(フチなし・高画質)
料金イメージ 印刷仕上げ:100枚注文時、9,468円
写真仕上げ:100枚注文時、10,788円
※早割でプリント代早割70%OFF適応価格
※はがき代込み、税込み表記です。
これはかなり安めでおすすめ度高いです!
自宅へのお届け送料 送料無料(ゆうパックでお届け)
宛名印刷 完全無料でやっています!
投函代行 宛名印刷をした場合のみ、ポストへの代理投函OK
割引制度 1、一般的な早割
2、クーポンコード(2020年用はまだ出ていません)
はがき持ち込み 未対応
支払、決済方法 ・クレジットカード
・コンビニ後払い(手数料200円)
・代引き(手数料300円)
納期、発送時期 注文確定後、最短翌営業日発送
データ入稿 対応済み
その他特長 スマホ用の専用アプリがあり、そちらもで作成可能
運営会社 しまうまプリントシステム株式会社

しまうまプリントさんに関しては、2019年から宛名印刷が無料になったりデザイン数も一気に増えたりと、格安の割には非常に充実の内容!になってきたな、と思います。

数ある年賀状印刷サイトの中でも間違いなく上位の人気になってきていると思うので、他の年賀状印刷が安いネット注文と比較もしながら、良いと思ったらぜひ利用してみるといいでしょう。

しまうま年賀状のメリット・デメリット

メリット\(^▽^)/

  • とにかく安い!しかもデザイン面でも納得のクオリティ
  • 年賀状の作成フローがわかりやすい(実際にやりました!)
  • 宛名印刷が無料でできる

デメリット( ;∀;)

  • 現状、特になし

デメリットがない!というのは嘘ではなく、本気でそう思っています。

実際に写真年賀状を作りましたが、昔よりもだいぶ進化しており、毎年リピートしてもいいかも!と思えるくらいのクオリティの高さです。

お気に入りのデザインが見つかったら、迷わずすぐに注文して良いレベルだと断言できますよ!

今年の年賀状印刷クーポンコードは何?

しまうま年賀状では、例年100~200円安くなるクーポンコードが配布されていました。

公式サイト上でコードが紹介されていたりもしたのですが、2020年用のものはまだありません。

おそらく、今年はクーポンはないものと思われますね(-_-;)

とは言っても、しまうまプリントの年賀状印刷はそもそもがかなり安いです。

加えて早割の割引率も高いため、(されるかどうかわからない)クーポン発行を待つよりも今のうちにお得な早割で注文してしまったほうが明らかに損をしません!

もし現時点でしまうまの利用がほぼ確定しているなら、どうぞ迷うことなく申し込みを進めてしまいましょう。
現時点での割引率はいくら?
早割がお得なうちに利用の検討を!

【しまうまで写真年賀状を作成】私のリアル体験談、口コミ

しまうまプリントでも素敵なデザインが多いので、家族写真を使った年賀状を実際に作ってみました。

印刷仕上げでも写真仕上げでもあまり料金差はないので、せっかくなら高画質な写真仕上げでしょ!ってことでそちらを選択。

どうせならきれいな年賀状で仕上げたいですからね!

結論から言えばこのしまうまプリント、私の中ではかなり満足度が高かったです!

印刷された写真の画質、そして宛名印刷も文字の鮮明さや大きさなどとてもよかったですよ!

到着した年賀状の実物と私の感想、評価など

それではこちらではわかりやすく実物の写真メインでお見せしていきますね!

まず自宅に納品されたものがこちらになります。

これ、ゆうパックなんですが、プラスチックのケースにフィルムで蓋をした珍しいパターンですよね!

私も初めてみましたもん!

フィルムの蓋をはがすようにして開けると年賀状が出てきます。

そして肝心の年賀状がこちらになります!

アップにも耐えられる間違いない印刷品質ですね!

銀塩プリントだけあって色の再現や発色が素晴らしく、厚みのある高級仕様なのも気に入りました。

葉っぱの緑や、老木の茶色・独特の質感など見事に表現されています。

この辺は文句のつけようがありませんでした。

他社でも同様の印刷仕上げはできますが、しまうま年賀状の場合は何と言ってもこのクラスの商品が安くできるのが最高なんですよね!

そして、しまうまでは宛名印刷も無料なので当然これも利用しています!

名前が真ん中にバランスよくドン!を大きめに出るタイプの宛名の印字ですね!

私はこれ、けっこう好きです。

アップにしてもわかりますが、文字に滲みもなくしっかりしていますよね。

これが無料でできるわけですから利用しない手はないと思います。

というわけで、宛名印刷がタダでクオリティも十分!

そこも含めて満足度120%の評価となりました。

実際の作成・発注の様子も画像付きでレビュー

今回選んだのが、10月時点でしまうまプリントの人気年賀状デザインランキング1位だったこちらでした!

写真を入れる枚数は調整できるので、私は2枚のものにして作りましたよ♪

あとものによってからカラーバリエーションの選択も可能になっています!

しまうまプリントで年賀状を作る流れ紹介

step
1
枠内に写真を入れる

当たり前ですが、まずはデザイン枠内に使いたい写真を入れます。

保存先から写真を選択すれば自動で入りますので、必要に応じて拡大・縮小や移動調整をしましょう。

step
2
差出人とメッセージを編集

差出人に関しては連名で5人分を追加できるようになっていました。

つまり家族6人分までは大丈夫ってことです!

必要に応じて、電話番号とメールアドレスもどうぞ。

そしてメッセージ(挨拶文)は定型のひな形から選択もできます!

定番ひな形は10種類とそんなに多くはないんですが、一部面白い挨拶文もありました!

私はウケを狙ってこれを採用です笑

平成のお礼は(レイワ)令和(レイワ)で返します
ご期待ください

差出人情報も挨拶文も、文字色や回転、拡大などいろんなレイアウト調整ができるので細部までこだわれるわよ!

フォントについてはゴシック体、丸ゴシック体、明朝体、楷書体の4つから選べるわ。


step
3
必要に応じてスタンプを配置

しまうまプリントではいろんな種類のスタンプが用意されています。

ただデザインによってはスタンプ要らないよね?っていうものも多いので、これはもう個人の好みでどうするか決めてください。

シンプルなデザインだったらスタンプをちょっと入れるのもありだし、逆にスタンプを入れないほうが良いデザインもありますからね!

ここまで終わったらプレビューを見て、問題なしなら注文へ!

注文内容の確定や宛名印刷の方法について

デザイン面が固まったら、そのまま最終的な注文内容の条件を決定していきます。

印刷仕上げの方法、色調補正のあり・なし、宛名印刷、お届け方法の選択など。

年賀はがきの種類は、切手部分が普通バーション、ディズニー、スヌーピーから選べました!

また宛名印刷オプションは無料なので、私はもちろん利用しましたよ♪

宛名印刷のためのリストを作ろう!

この時点でまた宛名リストは作っていない方がほとんどだと思います。

「宛名印刷あり」の場合、次の画面で「宛名編集」ができますよ!

1件ずつ登録しても良いですし、Excelが使えるパソコンで作業しているなら専用ファイルをダウンロード・編集しても良いです。

私は1件ずつ入れたけど、案外スムーズにできてスグ終わったわ!

支払い方法はクレジットカードがおすすめ!

料金の支払いはクレジットカード以外だと手数料がかかります。

代引きとコンビニ後払いも選べますが、カードがあるならカード決済が絶対おすすめですね。

しまうま年賀状の料金体系は非常にわかりやすかった!

デザインの話をする前に、まずは年賀状印刷にかかる料金のことを理解してしまいましょう!

しまうまプリントの場合、シンプルで非常にわかりやすいですよ!

料金の内訳(計算式)

基本料金1,980円+プリント料金+年賀はがき代63円

プリント料金には「印刷仕上げ」と「写真仕上げ」の2パターンがある

料金を計算する上で大事なのが、「印刷仕上げ」と「写真仕上げ」のどちらでオーダーするか、ということです。

写真年賀状の場合、選択肢はこの2択しかありませんので非常にわかりやすいです。

※イラストのみのデザインにする場合は、自動的に印刷仕上げになります。

比較項目

印刷仕上げ

写真仕上げ

見た目の違い
印刷方式 業務用レーザープリンター 銀塩プリント
デザイン面のフチ フチあり フチなし
その他 高級感はない ポストカードのような高級感
(光沢あり、厚みあり)
文字の鮮明さ
写真の再現力
選べる年賀はがきの種類 お年玉付き年賀はがきのみ ディズニー年賀、
スヌーピー年賀も選べる
もちろん安いに越したことはないのですが、「写真仕上げ」も気になる!という方はここで料金差を見て判断してくださいね!

この2つの仕上げタイプによるプリント代の違いなんですが、上記比較表の通り、9円と21円(早割適用価格)になっています。

約2倍の差になるわけですよね!

とは言ってもイメージが湧きにくいでしょうから、実際に注文枚数ごとでいくらの料金になるのかとこちらにまとめてみました!

はがき代込みで2つの料金を比較!

注文枚数 印刷仕上げ 写真仕上げ 差額
10枚 2,907円 3,039円 132円
20枚 3,636円 3,900円 264円
30枚 4,365円 4,761円 396円
40枚 5,094円 5,622円 528円
50枚 5,823円 6,483円 660円
60枚 6,552円 7,344円 792円
70枚 7,281円 8,205円 924円
80枚 8,010円 9,066円 1,056円
90枚 8,739円 9,927円 1,188円
100枚 9,468円 10,788円 1,320円

※上記、税込み料金となります。
※プリント代に早割70%OFFを適用させた結果です。

高画質の銀塩プリントでもこの料金っていうのはめっちゃ安いです!

それに安いほうの印刷仕上げと比較しても、それほど料金差もありません。

たったこれだけの差であれば、大事な家族写真を使う場合にはぜひ「写真仕上げ」を選んでも良いと思いますよ!

併せて読みたい:年賀状印刷が銀塩プリントなのに安いおすすめ業者

※上記ページでしまうまの他社比較での安さがよくわかるはず!

なんと2,000種類も!年賀状デザインはどういうのがあるの!?

しまうまプリントの年賀状は全部で2,000種類のデザインがあります。

これは最近のネット注文業者の中でもかなり多いほうなんですよね!

そして多いのは写真年賀状で、これが全体の8割以上を占めています。

イラスト年賀状でもオシャレなものはあるのですが、しまうま年賀状の利用者でも写真年賀状を作りたい!という方が圧倒的に多いんだと思われます。

公式サイト上での「人気デザインランキング」でも、1~10位まで全て写真年賀状だったよ!

こんなデザインカテゴリがあります!

今年のイチオシ、写真メイン、かわいい、ナチュラル、おしゃれ、ユニーク、和風、結婚、出産、転居、ビジネス、カジュアル、フォーマル

【写真年賀状】私のお気に入りはこれ!

デザインに関しては完全に趣味や好き嫌いの世界だから、実際にしまうま年賀状のサイトを見てお気に入りを見つけてもらうしかないわね!

1つのデザインでも、写真の枚数やカラーバリエーションが複数ある場合もあるから要チェックよ!

干支の牛感がしっかり伝わる写真入りデザイン(NDDN112)

大事な子供、家族の自慢の写真が存在感たっぷり(NDDN065)

スタイリッシュなポストカードみたい(NKAN031)

オシャレなファッション誌の表紙!(NKKK038)

懐かしさが感じられる令和二年(NKAN002)

【写真なし・イラスト年賀状】私のおすすめ5選!

安い年賀状印刷ってイラストもしょぼいことがあるけど、しまうまはそんなことなし!

定番の和風なものから、以下のようなユーモアがあってオシャレなものまで多いわ!

「令和」の文字が超絶かっこいい!(NAON120)

シンプルだけどユーモアがあるおせちイラスト年賀(NSIN022)

牛柄Tシャツを干す牛(NGOG072)

リアルな牛がドーン!と目立つ年賀状(NDDN117)

いのししからネズミにバトンタッチ!絵のタッチがインパクト大!(NAON119)

宛名印刷は無料!枚数が多いならぜひ活用しよう!

嬉しいことに、しまうまプリントでは送り先の印字、つまり宛名の印刷を無料でやってくれます!

宛名印刷も最近は無料化が進んでいますが、大体は1枚10~30円くらい取るところがまだ多いかも!

基本料も印刷代もタダというのは嬉しい限りです。

ということで、宛名印刷まで考えている方にはかなりの推しポイントになりますね!

ちなみにこちらのページ「年賀状で宛名印刷が無料のところ」でも宛名印刷がタダのところをまとめていますよ!

そのままポストへの代理投函もやってくれる

また印刷が終わった年賀状を自宅には送らずに、そのままポストに投函してくれるサービスもやっています。

出来たもの(デザインの感じや、印刷された宛名)を目視で確認することはできませんが、ポスト代理投函を選択すればその時点で全ての年賀状の準備が終わったことになりますからね。

忙しい方、面倒臭がりな方、この無料オプションもぜひ利用の検討に入れてみてはどうでしょうか。

しまうまの宛名印刷はどこまでできるのか?

ちょっと細かい話にはなってしまいますが、宛名印刷サービスを使う場合はこんなところまでできるよ、もしくはできないよーというのを事前に知っておくといいですね!

以下にポイントを箇条書きでまとめておきます。

  • 宛名に書けるのは主宛名+最大5名まで連名可能(つまり合計6名まで)
  • 差出人情報(自分の住所、名前)を宛名面に入れることはできない
  • 使えるフォントは全部で4種類まで(明朝体、楷書体、丸ゴシック体 、角ゴシック体 )

この3点が大きな制約になることはないと思うので大丈夫でしょう。

強いて言えば、
◆宛名に7名以上入れたい
◆宛面の左端に差出人情報を入れて欲しい
という場合は、それはできません!ってことになります。

-おすすめの年賀状印刷, 年賀状クーポン情報

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング