デザイン別

レトロな年賀状デザイン2022、オシャレで安い超おすすめ業者3社

スタイリッシュでキレイめで、、、というのが年賀状でも流行の1つですが、だからこそ敢えてちょっと変わったレトロ路線のデザインで作りたいな!というのは良いと思います。

たくさん届く年賀状の中でも、レトロなものはかなり目立ってインパクトを与えられること間違いなしですから!

今回はそんなレトロ年賀状を出してみたい!という方に向けて、おすすめのデザイン例とそれができる年賀状印刷サイトをピックアップしておきましたよ★

年賀状でレトロデザインを扱っているところはけっこう珍しいのですが、年賀状好きの私が選りすぐりのベスト3、提案させていただきます!

レトロ年賀状でおすすめの印刷サービス

  1. おたより本舗(復刻版レトロデザインが多数あり)
  2. カードボックス(レトロカテゴリ新設!)
  3. ふみいろ年賀状(和風モダンカテゴリで現代的レトロデザインが見つかる)
  4. ※上記3サービス、全て宛名印刷が無料です!

レトロ系充実!おたより本舗より


ではまずは「おたより本舗」にあるレトロデザインをご紹介!

ここでは何とレトロカテゴリがあるので、ズバッと探しやすくて良いですね!

おたより本舗は私も何度も年賀状作成でお世話になっていますし、宛名印刷も無料でやってくれるなどおすすめ度はかなり高いです♪

参照:おたより本舗の年賀状印刷がコチラ。宛名印刷や送料、口コミなども紹介!

大正の風刺画っぽいデザイン

大正の風刺画っぽいデザイン(おたより本舗のレトロ年賀状)
※デザイン番号 N4213

昔の絵本のようなレトロなデザインですね!

運転手が来年の干支であるトラ、、、タバコを更かしながらの運転です。

お正月に親子揃ってお出かけするところでしょうか、、、現代でもこういう運転手と家族、いそうです。

レトロな画風のトラが年賀状を加えてお届け!


※デザイン番号 N4238

こちらは干支のトラをダイレクトに描いたものですが、かわいく年賀状をくわえて来ました。

配達なのか、それか家族に渡しにきたのか、、、いずれにしてもトラの描き方がレトロで哀愁がありますね!

色使いもインパクトがあり、画力が秀でているデザインです。

擬人化したトラの家族。大正レトロを感じさせます。


※デザイン番号 N4221

3人家族をトラの擬人化で表現したこちらの年賀状。

お父さんトラがバイオリンを弾き、お母さんトラ、子トラは読書。

ちょっと裕福な家庭の大正の日常、という感じでしょうか。

個人的には、女の子がかわいいトラではないのが面白かったです笑

迫力のあるトラを「レトロ&現代アート風」に仕上げた復刻版デザイン

迫力のあるトラを「レトロ&現代アート風」に仕上げた復刻版デザイン
※デザイン番号 N4244

トラが非常に迫力ある様子で吠えています。

描き方に力が感じられ、トラの躍動感もこれでもか!というくらいに出ているのが印象的。

レトロではあるのですが、むしろ現代アートっぽく感じる人もいそう。

大正から昭和初期、寅年に交換された年賀状の復刻版デザインだそうです!

朱色と白が最高なレトロ感を生み出した年賀状デザイン

朱色、白、トラの金色が際立つ年賀状レトロデザイン(おたより本舗)
※デザイン番号 N4243

どうでしょうか、この赤(朱色)と白が際立つ色使い。

非常にレトロ感が全面に出ていますよね!

年賀状を手にしたときのインパクトも相当なものがありそうです(*^^*)

二頭のトラの金色もまた最高。

おたよりに入れる年号と挨拶文部分も自由に変更にできるのが凝っているなーと感心です。

カードボックスより(レトロカテゴリできました!)


カードボックスではなんと2020年の10月オープン時に、「レトロ・アンティーク年賀状」というカテゴリができました。

現在では20種類のレトロデザインがあり、かなり味があるレトロなイラスト年賀状があって心が惹かれます。

敢えて干支を使わないデザインもあったりと、ぜひここもおたより本舗と併せて要チェック間違いなしです!

※参照:カードボックスの年賀状について

富嶽三十六景の荒波っぽいレトロデザイン


※商品番号:26608(レトロ・アンティーク年賀状)

日本人ならこの絵を見て富嶽三十六景を思い出しますよね!

全く一緒ではないと思いますが、よりレトロ感を増してリメイクされた感じがします。

そして向こうには実は富士山が見えるんですよね!

大変味があって私も好きなデザインです。

まるで西洋画!洋風現代レトロな年賀状

まるで西洋画!洋風現代レトロな年賀状(カードボックス)
※商品番号:26616(レトロ・アンティーク年賀状)

海外の芸術家の個展にあるような西洋的なテイストです。

レトロ感も現代的なアート要素が多い印象のデザインではないでしょうか。

干支のトラの周りに配置された花が独創的な空間を作っています。

お正月だから日本的なものではなくて、敢えて海外テイストを採用したものも新鮮で良いと思います。

西洋とジャパンが融合!新感覚な初日の出のレトロ・アンティーク感

西洋とジャパンが融合!新感覚な初日の出のレトロ年賀状デザイン(カードボックス)
※商品番号:26618(レトロ・アンティーク年賀状)

正月と言えば初日の出。

それも富士山とのセットが日本の年賀状です。

ですがこちらは白い蘭の花の横から真っ赤な初日の出!という西洋との融合が楽しめるデザイン。

太陽の真っ赤と蘭の白さが印象的で、且つレトロな描き方なので芸術性がものすごく高く感じられる一枚ですね!

年賀状の送り手のセンスの良さを感じます!

干支はなし!花だけで表現するレトロ感


※商品番号:26605(レトロ・アンティーク年賀状)

天井からつるして飾るタイプのお花ですが、どことなく寂しさや哀愁を感じさせますよね!

干支もないですし、お正月っぽいものもありません。

むしろ海外っぽさすら感じさせるレトロなデザイン。

絵葉書みたいな感じで逆に新鮮味がある年賀状です。

ポイント

この年賀状のように「敢えての干支なし」というのも実は人気だったりします。

もしそういうのが好きであれば、干支なしデザインを集めたページも用意したので見てみてくださいね♪

併せてどうぞ:干支なしデザインでもおしゃれな年賀状を紹介!

モダン要素もあるレトロ系が多い、ふみいろ年賀状より


続いておすすめの3つめが「ふみいろ年賀状」

こちらは古風なものよりも、現代的なモダン要素を含んだよりオシャレさ重視のものが多いです!

こういうテイストが好きな方はけっこう多いと思いますがどうでしょうか!?

レトロ感はあるものの、その要素はちょっと控えめな感じもします。

※参照:ふみいろ年賀状の解説ページ

大正時代の絵葉書風!富士山をバックにトラ

レトロな大正時代の絵葉書風!富士山をバックにトラ(ふみいろ年賀状)
デザイン詳細 - 4598

遠くには富士山、水辺がある湿地帯からオスのトラがこちらを眺めています。

大正時代、いや江戸時代でしょうか、、、その辺の水彩画のようなレトロな雰囲気があります。

日本人であれば誰もが好きそうな、それでいてこんなデザインは他にはないでしょう。

モチーフは紅白の椿だけ!シンプルモダンでおしゃれ

紅白の椿だけ!シンプルモダンでおしゃれな年賀状(ふみいろ年賀状)
デザイン詳細 - 4207

色のコントラストが絶妙で、レトロな色合いとなっています。

色あせたような配色がレトロな感じをより引き立てていて素敵ですね!

白の文字が良く映えます。

新年をイメージできるものは他にはないのですが、贅沢な配置が大人の余裕を感じさせてくれますよね。

干支がないこういうデザインもまた乙です。

パット見「レトロ」。よく見ると超近代的な面白さ

パット見「レトロ」。よく見ると超近代的な面白さ(ふみいろ年賀状)
デザイン詳細 - 4777

こちらは「迎春」という二文字だけが主役のように見えるのですが、実は日の出であったりいくつかのお正月モチーフが隠れていました。

パッと遠目で見るとレトロ感があるのですが、ちゃんと見るとものすごく近代的なデザイン。

そのギャップが面白かったです。

ついつい見入ってしまう年賀状ですよね。

過去のレトロ年賀状デザイン

キュートなレトロ感が新しい年賀状


※デザイン詳細 - 3442(和風モダン)

ピンクをベースとした切り絵みたいなデザインです。

レトロというかモダンというか、、、表現が難しいところですが新鮮味がありますよね。

現代的なテイストも多分に感じられ、かわいらしさもあって女性受け間違いなしです。

色使いがレトロな椿の年賀状(デザイン番号:1983)

大きく描かれた二輪の椿が特徴となっています。

迎春のフォントの中にも何色か色が使われているところが、一味違ったポイントとなっています。

花びらの上で親子のイノシシが気持ちよさそうに寝ているイラストが可愛いですね!

椿の赤い色使いが美しく、上品さを醸し出しています。

上品さ、可憐さがうまく表現!(デザイン番号:0441)

はがき全体の色使いや椿の花がレトロな感じを味合わせてくれます。

謹賀新年の文字やイラストが赤と紺をベースとされているため、統一感があります。

椿の花や和紙のような背景から可憐さと上品さを感じさせてくれますね!

美しい和を感じさせてくれるはがきです。

レトロと言っても各社でテイストが違うのが面白い!

  • おたより本舗
  • カードボックス
  • ふみいろ年賀状

レトロデザインがある年賀状印刷サービスとして上記3つを紹介させていただきました!

好みのデザインはあったでしょうか!?

一言に「レトロ」と言っても、各社でのそのテイストが異なるのが面白いですよね。

・おたより本舗であれば「レトロ×ユニーク感」
・ふみいろ年賀状なら「レトロ×モダン感」
といった感じでしょうか。

カードボックスは極々一般的と表現してもいいかも知れません。

ご自身の好みにあったテイストのデザインを見つけていただき、納得の年賀状発注ができればと思っております。

今年の年賀状印刷、どこにしよう…とお困りなら!

ひろこ
毎年、年賀状の準備って大変ですよね(^-^;

いろんな年賀状印刷サービスがありすぎて、結局どこがいいのか良くわからない…そのお気持ち、とっても良くわかります。
私も数年前までまさにそんな感じだったのですが、独身時代から結婚、出産を経て、いろんな年賀状印刷を利用しまくりました!

※これら過去の実績の極々一部です笑
今まで作った年賀状の数々

おかげさまで年賀状作りが大好きになり、各社のポイントも自然にわかるように!

そんな年賀状マニアな私が、安くてコスパが良い今年おすすめの印刷サービスをトップページで心を込めて紹介しています。

要参照:年賀状印刷が安い!私のおすすめ比較ランキング

シンプルに安くてお財布に優しいところから、デザインが良いけどコスパも良いね!ってところまで、お気に入りの年賀状印刷サイトが必ず見つかるはず。

これを読んで、今年の年賀状の準備をサクッと納得の料金・満足度で終わらせてしまいましょう!

ぜひぜひ、参考にしていただければと思います。

-デザイン別

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング