おすすめの年賀状印刷

ラクスルの年賀状印刷は安い《実際に注文済》宛名印刷が無料で割引クーポンもあり

ラクスルって、業者がチラシとかで使うところ、というイメージがあるよわね!でも年賀状印刷もやってるって知ってびっくり!

私も実際に申し込んでみたのよ!

ラクスルも年賀状はちょっと昔からやっていましたよ!

しかも年々進化してデザイン点数もちょっとは増えてますからね~。やっぱり安かったですか?

うん、格安ね!安さ重視タイプの方にはかなり魅力な選択肢の1つになりそうな感じだわ。

このページでは、ラクスルの年賀状印刷のクーポンや割引情報、料金のことをわかりやすくまとめています!

また私の体験レビューを通してリアルな口コミ、感想もお届け中。

メリット、デメリットを包み隠さずに感想を述べさせていただきました!

▼ラクスルの年賀状印刷 公式サイトはこちら▼


ラクスルは会員登録で年賀状印刷が安くなるクーポンあり!

ラクスルでは新規会員登録することで、クーポンコードがもらえます。

2021年の登録では《5%OFFクーポン》がメールで届きました!

上限は1,000円まで。

ラクスルの年賀状印刷クーポンコード(新規会員登録で5%割引)

このクーポンコードを決済時に入力欄に入れて割引を受けてくださいね!

※注文する年賀状デザイン、入れる写真等を決めて、実際の決済画面の時に初めてコードを入力する形になります。

早割があるから早いうちがお得

年賀状印刷サービスにおいては絶対と言って良いほど、「早割」のシステムがありますよね!?

これ、ラクスルでももちろんやっていました。

年末になっていくと割引率も下がっていってしまいますので、年賀状はラクスルで!と大体決めている方は早めに申し込んじゃったほうがその分お得ですね!

ラクスルの年賀状印刷、抑えておきたい要点まとめ

デザイン数 420点(イラストのみ:326種類、写真入り:94種類)
更には30,000点の無料画像素材も利用可能!
送料 お届け送料無料
印刷方式 オンデマンド印刷のみ
業務用レーザープリンタによる一般的な格安印刷タイプです。
写真が鮮明で、厚みの出る銀塩プリント仕上げはありません。
宛名印刷 完全無料\(^o^)/
ポストへの
代理投函サービス
あり。元旦着のためには12/24までに注文確定すべし。
※詳しくは「年賀状印刷の投函サービスについて」をどうぞ
割引制度 ・一般的な早割
・新規会員登録でもらえるクーポンコード
はがき持ち込み 残念ながら未対応です。
※はがきが余っている場合は年賀状印刷ではがき持ち込み可で安いところを検討ください。
支払、決済方法 ・クレジットカード
・銀行振込
・コンビニ払い(5,000円以上から)
納期、発送時期 最短で、注文の翌営業日の発送が可能
※ただしその分、料金アップします。
※3営業日後であれば一番安いです。急ぎでないならそれがおすすめ!
オリジナルデータ入稿 データ入稿OK
※推奨のデータ形式はPDFですが、その他の形式でも可能です。
詳しくはこちらのページをご確認ください。

オシャレになったよ!ラクスルの年賀状デザイン

正直に言うと、ラクスルの年賀状印刷サービスって数年前までは微妙でした…(^_^;)

というのも、デザイン数が非常に少なく、絵柄の質も他社に負けていたから。

ですが2021年となった今年ですが、その圧倒的な安さに加えてデザインのパワーアップ。

一気に私のおすすめ度合いも上がりました!!!

写真なしのイラストタイプ、写真入り年賀状、共におしゃれなものばかりです。

  • イラスト年賀状:326種類
  • 写真入り年賀状:94種類
  • 合計:420種類

デザイン数は決して多いわけではありませんが、安さも含めて考えると十分です。

スタンプや吹き出しなど、いろんな素材が使い放題!

他社の年賀状印刷には無い点として、たくさんの無料素材が挙げられます。

こんな感じで楽しく使えるスタンプや吹き出し素材が用意されているんですね!

こういうの、男性はあまり…かもしれませんが、女性やお子さんは好きな方は多いですよね!

一言入れたいときなど、吹き出しを使うと良かったりもします。

デコレーションを使ってオリジナリティを出すのも面白いと思いますよ♪ ラクスルならでは、です。

印刷方式は1種類だけ!銀塩プリントはなし

一般的に年賀状印刷サービスでは以下の2つの印刷方式、仕上げ方法があります。

  • 業務用レーザープリンター(ラクスルはこれだけ)
  • 銀塩プリント仕上げ

安いのは前者になりますね。

特別きれいなわけではありませんが、ごくごく普通の仕上がりです。

逆に写真をキレイに魅せるのが銀塩プリント仕上げ。

これは写真をハガキに貼り合わせるので、ポストカードのような高級な仕上がり。

やや高いのですが、家族写真を使う方で近年これを選ばれる方は多いです。

・・・なんですが、安さを最大限まで求めるラクスルは「業務用レーザープリンター」だけ。

特に印刷方法を選んだりするところもありません。

イラストのみの年賀状をできるだけ安く!という方には全く問題なし。

写真入りの年賀状を作る方でも、通常の印刷レベルで安いならいいよーというなら問題ないでしょう。

ページ後半でも詳しく紹介していますが、私が実際に注文して完成した写真年賀状の仕上がりがこんな感じですした!

業界最安級の自信の印刷料金とは!?

ラクスルの年賀状ページに、「業界最安級」の文字が躍っています。

かなり安さには自信あり!なんだと見ますが、実際どれくらい安いのかをここで検証していきたいと思います。

キリのいい枚数でこれまた安さが魅力のネットスクウェアと比較する形で結果をみてみたいと思います!

注文枚数 ラクスル ネットスクウェア 差額
30枚 3,462円 4,349円 887円
50枚 4,894円 5,750円 856円
70枚 6,742円 7,529円 787円
100枚 8,980円 9,657円 677円
200枚 17,202円 17,585円 383円
宛名印刷 無料 1枚10円
デザイン数 420点 1,200点以上

それぞれ早割の割引率は異なりますが、シンプルに同じタイミングだったらいくらか?という比較が分かりやすいと思いそうしました。

結果的にはやっぱりラクスルの勝ち!

・・・しかもラクスルは宛名印刷も無料ですからね(*^^*)

そこも考えると更に差は開きます。

とは言え、ネットスクウェアはデザインテンプレ数がかなり多いですし、写真がきれいな銀塩プリントも可能(且つ安いです!)。

ネットスクウェアのメリットももちろんあるんですよね(^_^;)

とりあえず「安くてそれなりに!」ならラクスルで大満足のはずですよ!

ラクスルでは宛名印刷が無料です!

私の記憶が正しければ、ラクスルでは昔は宛名印刷は有料だったはずです。

ですが嬉しいことに現在は無料化されています!

・・・これで宛名の印字まで含めた場合の安さでは間違いなくトップクラスになったと言っていいでしょう。

選べるフォント4つと印字方向

フォントに関しては、ゴシック体/明朝体/楷書体/行書体の4つから選択可能。

フォントへのこだわりが強い方はあまりいないと思いますので、この辺についてはラクスルのページを見て直感で決めればいいと思います。

そして何気に便利なのが宛名を縦書きにするか横書きにするかを決められるってこと。

宛名に英語やアルファベットが多い場合は横書きが良いですし、その方の好みもありますからね!

ラクスルの宛名印刷、縦と横のバージョン比較

宛名印刷の無料化は最近いろんなところで増えています。

あくまで安いの重視!ならラクスルで良いのですが、もう少しデザイン性を求めたい場合は、おたより本舗なども宛名印刷無料ですしおすすめですよ!

こちらのページ(宛名印刷が無料の年賀状印刷サービス)でもその辺のことをまとめていますので、良かったらご参照ください。

ラクスルの年賀状印刷を実際にオーダーしてみた!

正直デザイン数は少ないですが、安くサラッと終わらせたいならラクスルもアリだと思います。

今回私も実際に家族写真を使う形でラクスルで注文をしてみましたので、その様子を含め要点をまとめてご紹介させていただきますね!

ラクスル年賀状を注文して分かったこと

  • 強いこだわりがない限りは、用意されたテンプレートで十分
  • 凝ったデザインよりもできるだけシンプルなものが良いかも
  • スタンプは個人的には不要と感じた
  • お値段、、、まじで激安(*^^*)
  • ★結論:安さ重視で、時間をかけずにサクッと!派におすすめ
今回採用したデザインはこちらの金色の富士山+写真です!

写真年賀状のデザイン面作成の流れ

結論から申しますと、ラクスルは年賀状専門サイトではないため、ちょっとシステム的に雑な面がありました。

イラストだけのデザインであればまだ良いのですが、写真年賀状となるとちょっと作りにくさはあったんですよね…。

他の年賀状サイトがしっかりしているだけに、その比較で余計そう感じてしまいます。

具体的には以下のレビューを見てもらえばわかるのですが、

  • 自分の写真を適用させる部分
  • スタンプや素材が安っぽい

という2点があり、ぜひとも今後はそこを修正して欲しいな、と。

まぁ安いので文句は言えないのですが、正直に話すとこれが本音です。

step
1
デザインの写真枠に、使いたい写真を入れる

ラクスルの場合、サンプルで入っている写真を削除し、そこに自分の写真を入れて縮小拡大を行います。

私自身、うちの家族写真を入れましたが、他の年賀状サイトと比べてやや面倒な感じは否めません。

イメージ的には、ワードやパワーポイントの編集に似ているんですよね(^-^;

写真を挿入して、マウスで位置や大きさを調整するのと同じやり方でした。

step
2
(希望に応じて)スタンプなどの素材を入れる

写真挿入後、スタンプなどの素材を入れることができます。

しかし、ぴったりのものがなく、素材はナシでいこう!と決意した次第です。

デザインによってはスタンプを入れることで安っぽさが出るため、使わない方も多いのではないかと感じました。

step
3
挨拶文と差出人情報を入れる!

あとは最後に挨拶文と差出人情報をこんな感じで編集します。

フォントの大きさや種類も選べます。

ですが文例のサンプルが複数種類あるわけではありません。

この後で、宛名印刷をするかどうかを選択します。

ラクスルの場合は宛名印刷が無料なので、ここに期待している方はどうぞ【宛名印刷あり】で進めましょう。

納品はネコポスで!梱包と年賀状の実物写真

印刷が終わった後は、ポスト投函される「ネコポス」で納品されました。

年賀状ではよくある納品方法ですが、封筒の内部にプチプチ緩衝材、そして年賀状の周りは厚紙があるのできちんと保護はされおります!

そして実際に届いた年賀状の実物がこちらになります!

業務用レーザープリンターでの印刷ですから、写真画質は別に良くもなく、普通ではありますよね。

この辺は安いですから当然の品質です。

ここで文句をいうのはお門違いですからね!

ちなみにより写真画質の良いものと比較してみました!

同じ家族旅行の写真で銀塩プリント年賀状を作ったものとの比較です。

写真のキレイさ、鮮明度は全然違いますので、このレベルのものが欲しいならラクスルは違うよね、ってこと。

ラクスルは銀塩プリント印刷を選べませんので、ここを理解して「安いからオッケーだよ!」と言う方におすすめ致します。

会員登録で漏れなく5%OFFクーポンゲット!
▼ラクスルの年賀状印刷 公式サイトはこちら▼

-おすすめの年賀状印刷

© 2022 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング