寒中見舞い

おたより本舗で寒中見舞い ※クーポンのことや私のおすすめレビュー紹介

おたより本舗と言えば寒中見舞いはがきの印刷でも人気。

どのデザインを見てもセンスが感じられオシャレです。

写真ありでも当然良い感じ、写真なしでもそれ単体でアートを感じるようなオシャレさがありますよ!

クーポンで安くなるし、その点も何気に嬉しいかも!
(追記:現在はクーポンは廃止となり、会員グレード制に移行しています!)

また宛名印刷が無料なので、少ない枚数の注文でもぜひ利用をおすすめしますよ!

今回、実際におたより本舗で私も写真入りのものを作ってみました!

実体験に基づいた感想や、利用者目線での料金やデザインに関しての情報をわかりやすくお届けしていきますね!

▼おたより本舗の寒中見舞い・公式ページ▼

クーポンないの?会員グレード制ってなに?

おたより本舗の寒中見舞いを作る上でクーポンコードも探した上で…と思っていたかも知れませんね(^-^;

ですが2019年からクーポンはなくなり、リピートの度に有利になる会員グレード制に変更されています。

参考ページ:おたより本舗の会員グレード制について

となると、あまり安くならないのか…と言う感じがしますがそんなこともありません。

確かに2年目の利用で一気に割引率がアップするものの、初回の利用でもしっかり30%OFFは適用されます。

実はこれ、クーポン時代の割引と比べても遜色ない割引具合なんですね。

なので、その辺は気にせず寒中見舞いのオーダーをしちゃってオッケーです!

【体験レビュー】写真入りの寒中見舞い実物紹介!おすすめ度は★5つ!

このページの冒頭でも実物写真を載せましたが、季節の挨拶(グリーティング)としての寒中見舞いはがきを写真入りで作りました!

作ったと言っても既定のデザインテンプレに、スマホで撮影していた写真をはめ込んだだけですけどね(^-^;

今回、印刷後の商品が届きましたので、そのデキを宛名印刷面含め私の率直な感想と共にご紹介をしたいと思います。

こちらが実物(宛名印刷の完成度も良い感じ♪)

このように写真を3枚使えるデザインで寒中見舞いはがきをオーダーしました!

欠礼寒中でもなく、こちらの近況もしっかりわかる感じにしようと思ったので銀塩プリントの「プレミアム写真仕上げ」で作りました。

プレミアムだとお値段はややアップしますが、家族写真などをキレイに魅せたい場合はおすすめです。

実際、表面には光沢があり、はがきに厚みが出て高級感が伝わるのでもらったほうも嬉しいはず。

とは言っても、寒中見舞いは安く作りたい!という方のほうが多いでしょうし、直接印刷仕上げを選べばその分安く作れます。

むしろ、おたより本舗はそういうリーズナブル路線の方の味方の印刷業者さんですからね!

ご覧のようにアップにも耐えられる美しさであり、私個人としてはとってもお気に入りです。

普通の印刷仕上げにするかどうかは、予算の兼ね合いで決めてもらえればと思います。

そして宛名印刷が無料なのでこれもぜひ利用を!

気持ちを込めて手書きも良いですが、私は無料なら宛名印刷やってもらう派なんですよねー。

フォントは4種類、横書きも選べるので自由度は高いです♪

どうでしょうか、文字のインクのにじみもなくすっきりしていますよね!

これがタダっていうのは本当に嬉しいです。

寒中見舞い用の多彩な挨拶文が便利でした!

寒中見舞いと一口に言っても、喪中だったのか、年賀状の出し忘れだったのか、など、置かれている状況が違います。

それに応じて入れるべき挨拶文も変わってくるのですが、おたより本舗ならそういった状況別の挨拶文がたくさん用意されており非常に便利でした。

ベースは用意されたものを使い、あとは自分なりにアレンジすればオリジナリティも出ますよね!

具体的には以下のように10種類もの挨拶文の文例集がありましたよ!

  • 季節のご挨拶
  • 自分が喪中の折に年賀状が届いた場合
  • 喪中はがきが間に合わなった場合
  • 喪中の相手に年賀状を送っていた場合
  • 喪中の相手にご挨拶する場合
  • 年賀状に寒中で返信する場合(出し忘れを想定)
  • 喪中のため年賀状を出さすに寒中で返信
  • 余寒見舞い(季節の挨拶)
  • 寒中見舞いはがきをもらったことへのお礼
  • 喪中で年賀状を出さず、余寒で返信する場合
  • 年賀状に余寒で返信する場合
おたより本舗の場合、印刷物への満足度は当然として、編集画面で実際に作業をする利便性も含めて高い評価をして良いと思いました。

スムーズに作れるというのは当たり前ですが、上記のような挨拶文の充実度など、作り手のことを考えた設計になっていておすすめですね!

また肝心の料金のほうも安いので利用はしやすいはず。

※印刷料金には早期割引があるので、早いほうがより安く作れますよ!

いろんな点を考慮してみてもマイナス点がないので、今のところは自信をもって★5つ評価!と断言して良いサービスです!

どうしようか迷っていた方も、そして今回初めておたより本舗を知ったという方も、ぜひ安心して寒中見舞いはがきをオーダーしてみてくださいね!

⇒寒中見舞いの専用公式ページがこちら

あ、ちなみに今回はこんなかわいいポチ袋のおまけももらっちゃいましたよ♪


おたより本舗の寒中見舞い、そのポイント

デザイン数 約350種類
デザインカテゴリ ●喪中・年賀欠礼タイプ
※デザインタイプ多数!全部で273種類

●冬のグリーティングタイプ
・写真入りタイプ(108種類)
・デザインタイプ(61種類)

料金イメージ ・イラスト・絵柄タイプ:100枚注文時、10,677円~
・写真入りタイプ:100枚注文時、11,790円~
※11月半ばの早割キャンペーン54%OFF適用時
※はがき代込み
宛名印刷 完全無料!
ポスト投函代理 無料で対応中
印刷後のお届け 送料無料!
お得な割引制度 ・早期割引
・同時注文割引
・追加注文割引
支払い方法 ・クレジットカード
・代金引換(手数料330円)
・後払い(コンビニ、LINE Pay請求書支払い)
発送、納期 昼12時までの注文で翌営業日出荷
運営会社 株式会社アーツ(大阪府吹田市)
宛名印刷が無料だし、納期もかなり早いからここの寒中見舞いはがきは本当に便利よ!

正直、デメリットを探しても見つからないくらいのレベルだわ!

おたより本舗と言えば「宛名印刷無料」

料金面で嬉しいのが、宛名印刷が無料という点です。

おたより本舗ではいろんな挨拶状が全て宛名印刷無料でやってくれるので、この点でも非常に人気なんですよね!

寒中見舞いはライトな感じで送る方も多いので、敢えての「宛名は手書き」という方もいるでしょう。

逆に、枚数が多かったり、字に自信がない場合はこの無料オプションを使えば良いと思います。

参考ページ:おたより本舗、寒中見舞いの宛名印刷について

ポイント1:4つの書体から選択可能

宛名の文字(フォント)なんですが、以下の4つから選ぶことができます。

●きっちりした感じ:楷書体、明朝体
●ポップで柔らかい:ゴシック体、丸ゴシック体

採用したデザインのテイストであったり、送り手であるあなたの感情に合わせたフォントを選ぶと良いですね!

ただ、宛名として一般的なのは楷書体、明朝体です。

ポイント2:宛名リストの作成方法は2つ

宛名を印字してもらうためには、その元データが必要です。

それをユーザー自身がマイページ上で「宛名リスト」として作っておく必要がありますよね!

作成方法としては2つあり、「1件ずつポチポチ登録」「エクセルを使ってPCでまとめて編集、登録」です。

エクセルが使えない環境にある場合は必然的に1件ずつの登録しかできないのですが、思っている以上に大変な作業でもなかったですよ!

スマホでも何なく名前と住所の登録ができました。

【デザイン】写真入りと写真なし、どちらにする?

おたより本舗の寒中見舞い用デザインとしては大きく2つ、以下の通りです。

  • 写真入りタイプ:102種類
  • デザインタイプ(写真なし):66種類

もうあなたの中でどちらにするかは大体決まっているでしょうから、実際に見てみて良さそうなものあればいくつかお気に入りに登録してみましょう。

より安いデザインタイプ(イラスト、絵柄のみ)

手軽さや、より安さを求めるなら写真を使わないデザインタイプをどうぞ。

とは言っても「安っぽい」のとはまた違って、かなりオシャレレベルは高いものが多いです。

寒中見舞いはがきってなんか地味が印象がありませんか?

でもここにあるようなデザインで送ってくれると、あなた自身がセンスのいいひと、みたいに思われるかも知れません!

モノクロデザイン(欠礼寒中)もオシャレ!

喪中などの事情で年賀状のやりとりができなかった場合には、欠礼寒中という形で比較的シンプルなモノクロ(白黒)デザインの寒中はがきを送ることも多いです。

おたより本舗だと18種類のモノクロデザインがあるのですが、どれも主張しすぎない範囲でオシャレさが凄い滲み出ているんですよね!

このセンスの良さはびっくりしました。

モノクロだと印刷料金もより安くなりますし、このデザイン性のものが使えるのはかなりおすすめと言えます。

⇒モノクロデザインはこちらのページで全て見れます!

写真入りタイプ

写真入りタイプのデザインになると、雰囲気としては年賀状っぽくなります。

喪中やその他諸事情で元旦着ではおめでとうは言えなかったけど、ここで改めて気持ちを伝えたい方には良いと思います。

例えば、喪中だったけど子供の成長は写真で伝えたい!なんて方にはドンピシャかなって。

尚、写真入りタイプでは印刷仕上げが3タイプから選べますよ。

  • 直接印刷(普通の業務用レーザープリンタ仕上げ)
  • 光沢仕上げ(厚みはないけどキレイ)
  • プレミアム写真仕上げ(銀塩プリント)
写真のきれいさにそこまでこだわらないならな直接印刷で、大事な家族写真をキレイに使いたいなら光沢仕上げかプレミアムを選びましょう!

尚、プレミアム(銀塩プリント)が一番厚みもあって高級です。

料金は一体いくら?こちらが料金表です!

おたより本舗の寒中見舞い料金を知る鍵は、各デザインに付けられている★の数です。

この数が多ければ高くなり、少ないものは安い。

こういう仕組みです。

デザインタイプだと星が2個か3個、写真入りになると星が4個、5個、となってくるんですね!

ちなみに公式サイトでもこちらのページで料金が出ています。

但し、税別なのでちょっとわかりにくいかも!

税込みではがき代込みの総額を計算して以下の表にまとめておきました!

更にもう1つ言っておくと、以下は直接印刷の料金になります。

光沢仕上げなら1枚24円、プレミアム写真仕上げだと1枚38円が加算されるため、それも知っておいてください。

デザインの詳細画面で、枚数や印刷仕上げを指定していくらになるかのシミュレーションもできるから安心よ!

モノクロ(白黒)タイプの料金表(★)

枚数 モノクロ★
はがき代込み 1枚あたり
10枚 2,003円 200円
20枚 2,818円 141円
30枚 3,632円 121円
40枚 4,447円 111円
50枚 5,262円 105円
60枚 6,057円 101円
70枚 6,845円 98円
80枚 7,621円 95円
90枚 8,389円 93円
100枚 9,151円 92円

※上記、11/15時点での早割54%OFFを適用済みです。
※税込みでの表記です。

おたより本舗クラスのデザイン性があるモノクロデザインでこの価格は非常にお得感があります!

他社とも実際に比較してみたのですが、宛名印刷が無料であることも考えるとモノクロでは間違いなくトップクラスののおすすめ度!と言って差し支えありません。

参照ページ:モノクロ印刷の料金比較(寒中見舞いはがきが安い、おしゃれ!ネット注文でおすすめのところ)

デザインタイプの料金表(★★、★★★)

枚数 ★★ ★★★
はがき代込み 1枚あたり はがき代込み 1枚あたり
10枚 2,376円 238円 2,679円 268円
20枚 3,335円 167円 3,739円 187円
30枚 4,294円 143円 4,800円 160円
40枚 5,252円 131円 5,860円 146円
50枚 6,211円 124円 6,920円 138円
60枚 7,135円 119円 7,929円 132円
70枚 8,039円 115円 8,924円 127円
80枚 8,932円 112円 9,898円 124円
90枚 9,815円 109円 10,852円 121円
100枚 10,677円 107円 11,790円 118円

※上記、11/15時点での早割54%OFFを適用済みです。
※税込みでの表記です。

写真入りデザインの料金表(★★★★、★★★★★)

枚数 ★★★★ ★★★★★
はがき代込み 1枚あたり はがき代込み 1枚あたり
10枚 2,679円 268円 2,831円 283円
20枚 3,739円 187円 3,942円 197円
30枚 4,800円 160円 5,053円 168円
40枚 5,860円 146円 6,163円 154円
50枚 6,920円 138円 7,274円 145円
60枚 7,929円 132円 8,330円 139円
70枚 8,924円 127円 9,364円 134円
80枚 9,898円 124円 10,378円 130円
90枚 10,852円 121円 11,374円 126円
100枚 11,790円 118円 12,347円 123円

※上記、11/15時点での早割54%OFFを適用済みです。
※税込みでの表記です。

クーポン割引は廃止!でも安心してください

冒頭でも書きましたが、2019年からおたより本舗の寒中見舞いではクーポンコードがなくなりました。

以前は会員向けに英数字が羅列したクーポンがメールで配布されていたんですけどね。

これに取って代わったのが「会員グレード制」という仕組み。

利用初年度からしっかりクーポン並みの割引があり、2年目から更に安さの面で有利になるシステムです。

割引率は2年目利用のタイミングでグッと上がりますし、次の年賀状などもおたより本舗で作るとかなりお得ですよね!

初年度のベースとなる割引率も満足できるレベルですし、この点を頭の片隅に置いた上で心配せずに寒中見舞いオーダーをどうぞ。

上記の割引率に、早割もプラスされますよ!

個人的におすすめ!おたより本舗の寒中見舞いデザイン集

まずは喪中による年賀欠礼用のはがきデザインから!

ホワイト系の配色をバックに梅が見事に咲いている様子がとてもインパクトがあり素敵です。

左側にデザインが配置されていて、とてもバランスがいい一枚です。

梅の花が故人からの感謝の気持ちを伝えてくれそうな感じがしますね!

故人が生前使っていたデスクのような雰囲気もあり感謝の気持ちが届きそうです。

全体的に茶色が多く落ち着きがあり、小物の使い方もとてもセンスがあり素敵な一枚です。

何かとても懐かしいような感じがしてとてもいいです。

桜の花の間から見える青空がとてもアクセントになっていて綺麗です。

中心の大きな桜が心を和ませてくれます。

全体的に薄い感じになっているので喪中の挨拶としてはいいですね。

桜が咲く春がとても待ち遠しくなる一枚です。

故人への思いを表現した筆の文字がとても心に響きます。

背景の和紙が朱色をとても綺麗に引き立ててくれています。

右側に大きくデザインがあり、挨拶文の配置のバランスがとりやすいです。とても思いの届くはがきになります。

真っ白なガーベラが静寂を表しているように見えます。

喪中の挨拶文を入れるととても感じの良い物になります。

花びんの緑色が白色の花をより綺麗に演出。

落ち着いた雰囲気で洗練されたデザインがとてもいいです。

年賀状の出し忘れによる年始状、グリーティングカード的な意味合いでの寒中見舞い

全体的にとても明るい感じで、寒い日に心が温まりそうです。

イラストは比較的シンプルに描かれていますが、ピンク色と赤色の使い方が可愛らしく素敵です。

たくさんの花が春を感じさせてくれる素敵な一枚になります。

インパクトの強い赤色の背景色と白色と緑色、黄色などの配色がとても綺麗でセンスがいいです。

立体感のある切り絵のようなデザインがとても素敵。

二匹の鳥が春を伝えてくれそうな、いい寒中見舞いのはがきになります。

中央にある赤色と白色の花がとても可愛らしく素敵です。

毛糸で編まれていてとても温かみを感じますね。

周りの緑が二つの花をとても引き立ててくれています。

背景のピンクの二色使いもバランスが取れていていいです。

インコが小さな手紙をくわえて挨拶を届けてくれる感じが可愛らしいです。

全体的に洋風でオシャレです。

壁の色と挨拶文の配色がとてもキュートです。

インコの足元の小物など細かいところも丁寧に作られていて素敵です。

横長に大きく写真を入れ全体のバランスがとてもいいですね。

とてもシンプルですが、白の余白を多く使うことで写真がより一層目立つようになっています。

寒さを吹き飛ばすような温かな写真をいれると寒中見舞いにぴったりですね。

たくさんの六角形がバランスよく配置されとても素敵です。
挨拶文がポップで明るい感じが出ますね。

写真の周りもとてもセンスのいい色使いのデザインが写真を彩ってくれます。
複数の写真を入れられるのがいいですね。

猫がカップの中で温まっているイラストがとても可愛らしく描かれているのがとてもいいです。
マフラーを巻いてとても温かそうですね。

写真の周りの雪の結晶のデザインもとても素敵です。
猫もホッと温まるような写真をいれるといい寒中見舞いのはがきになります!

真っ赤な鯛とエビがとてもインパクトがありますね。二匹の表情がとてもなんとも可愛いい感じがします。

背景もシンプルに海をイメージしたような感じですね。
おめでたい写真と入れると茶目っ気のあるいいものになります!

寒中見舞いって年賀状の陰に隠れてあまり重要視されていない気もしますが、だからこそちゃんとしたものを送ればちょっとした内容でも感動を作れると思います。

最近はおしゃれなデザインなものも多いですし、ネット注文すれば手間もほとんどかけずに立派な寒中見舞いはがきが簡単に作れておすすめですよ!

他に複数の印刷業者を比較しながら紹介していますので、詳しくは寒中見舞いはがきが安い、ネット注文でおすすめのところをご参照いただければと思います。

-寒中見舞い

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング