デザイン別

年賀状のモノクロ(白黒)デザインがおしゃれで安いところ、徹底紹介!

年賀状はカラーが当たり前!という中で、敢えてのモノクロデザインを選ぶとインパクトもあって良いかもしれません。

ですが、いかにも安っぽいものだと良くないので、それなりにデザイン性もあるものを選べばかっこいい年賀状になること間違いなしです。

しかも年賀状印刷サイトではモノクロは印刷費がちょっと安くなる傾向にあるため、実は料金の節約にも繋がったりするんですよ!

尚、モノクロ(白黒)系では料金が高いデザイナーズ年賀を選んでもしょうがないと思いますので、以下の4つを特におすすめしておきたいと思います♪

私のおすすめはここ!

  1. おたより本舗:オシャレ系も多く、安さとのバランスが抜群(コスパ良し)
  2. ネットスクウェア:めっちゃ安い!宛名印刷は1枚10円かかる
  3. ラクポ:ここもかなり安い。種類も多め
  4. カードボックス:まぁまぁ安い。お気に入りデザインがあればぜひ。
では、具体的な比較表や、どんなデザインがあるのか・・・私のおすすめ解説文と併せてご覧ください!

モノクロ年賀状が安い4社とその特徴早見表

では先ほど紹介したおすすめの4社について、おすすめの根拠もわかるように特長を比較した表をまとめておきます。

料金の安さ、デザインの多様性など軸に判断をしています。

<比較項目> おたより本舗 ネットスクウェア ラクポ カードボックス
印刷料金の安さ
宛名印刷 無料 1枚10円 1枚25円 無料
50枚注文時の料金
※宛名印刷はしない場合
5,012円 4,771円 4,860円 5,490円
50枚注文時の料金
※宛名印刷する場合
5,012円 5,321円 6,210円 5,490円
白黒デザインの種類 47種類 21種類 52種類 20種類
デザインの多様性
総合判断

※10月2日時点(年賀状サイトオープン直後)での料金です。
※全てはがき代込み、税込みです。

各社早割等ありますが、全く同じ日の料金で比較しているため、そこでの不公平さや情報操作はありません。

料金差は大体500円くらいに収まるのでそこまでの開きはありませんよね。

でも宛名印刷も同時にやるとなると、そこが無料か有料かで最終的な金額が大きく変わってきます。

年賀状はあまりこだわらず、とにかく白黒で安く!が良いなら、ネットスクウェアやラクポ。

またちょっとはデザイン性も求めたい、宛名印刷もやってもらい、という場合には「おたより本舗」「カードボックス」がおすすめですね!

私のおすすめはここ!

  1. おたより本舗:オシャレ系も多く、安さとのバランスが抜群(コスパ良し)
  2. ネットスクウェア:めっちゃ安い!宛名印刷は1枚10円かかる
  3. ラクポ:ここもかなり安い。種類も多め
  4. カードボックス:まぁまぁ安い。お気に入りデザインがあればぜひ。

モノクロ年賀状、各社のおすすめデザインを紹介します!

まずは「おたより本舗」のモノクロデザイン


ではまずはおたより本舗でのモノクロデザインをご紹介しますね!

2022年とら年用としては47種類もの白黒デザインがありました。

(他社サービスと比較してもこの種類はかなり多めです!選び甲斐があります♪)

ここは宛名印刷も無料なのでそういったメリットもあっておすすめです!

※参照:おたより本舗の年賀状印刷がコチラ。宛名印刷や送料、口コミなども紹介!

「おたより本舗」の場合、モノクロデザインはどれも料金一律です。
価格帯としては全デザインの中でも一番安くなっていますし、手軽に発注できると思いますよ♪

おみくじで大吉!白黒だけど面白みがあるデザイン

おたより本舗のおみくじ風、白黒年賀状デザイン
デザイン番号 N3008

年明けの参拝に行く方は多いと思いますが、この年賀状をもらえばもう大吉確定です!

もらったほうも間違いなく嬉しいはず!

年賀はがき全体がおみくじになっており、白黒デザインであることを120%活かしていますよね。

運勢についても「寅(とら)」に関連した内容で面白みがあります♪

迫力あり!吠えるトラが白黒でかっこいい!でも安い

寅年のシンプルでかっこいい白黒の年賀状(おたより本舗より)
デザイン番号:N1007

寅年の年賀状デザインと言えば、シンプルにこういったものを想像する方が多いと思います。

迫力大爆発、吠えているかっこ良いトラ。

富士山、松が見える岩場で、今にもトラの砲口が聞こえて来そうです。

多くの方のニーズを満たすデザインですが、白黒なので安いのが嬉しいですね。

おたより本舗内でも最安値のデザインです。

2022-寅:インパクト大な版画風白黒デザイン

おたより本舗、「2022」と「寅」の版画風白黒年賀状デザイン
デザイン番号:N1005

西暦2022を、白黒の版画風のデザインに仕上げています。

横向きの年賀状となり、黒の分量が多いのでインパクトもありますよね!

0の中には「寅」の文字も分かりやすく入っており、ド直球だけと面白みもあって私は好きですね(*^^*)

モノクロ年賀状を出す人でもこういうデザインを選ぶ方は少なそうですし、一度見たら忘れられないインパクトがありまよね。

タイガーの「r」がトラのしっぽに!モノクロだけどかわいい年賀状

「タイガー」の2文字で遊ぶ白黒の年賀状(おたより本舗より)
デザイン番号:N1010

トラを英語でいうとタイガー、つづりはTigerですね!

その最後のrの文字をトラさんのしっぽにしています。

んーこれはかわいいです。

よく見るとトラの顔もTの字が含まれており、シンプルだけどちょっと考えられたデザインなのがわかります。

白黒でもこれはこれでインパクトありです。

トラが眠たそうに「も~出番?」と登場

眠そうな虎の顔が面白い白黒年賀状(おたより本舗より)
デザイン番号 N1014

これはかわいらしさ100%の白黒年賀状ですよね!

干支がウシからトラに変わり、2022年の始まりと共に部屋の奥から出てきました( ´艸`)

セリフもシャレが効いた「こちとら(トラ)出番でさー」。

ベタなダジャレですが、この虎の顔がまた何とも言えず、思わずくすっと笑ってしまう絶妙なデザインです。

ごく一部の紹介でしたが、おたより本舗はユニークな発想なデザインも多いです!単にモノクロなだけじゃなく、面白みもあるという点は強いですよね♪

ラクポのモノクロ年賀状デザインより


ラクポは印刷料金が非常に安いので、サクッとイラストのみの白黒デザインで作りたい時にはかなりおすすめ。

ユニークさを狙ったものよりも、極々一般的なデザインが多いかなって思います。

デザイン数も52種類とたっぷりありました。

但し宛名印刷は1枚25円もするので、ここに関しては手書きのほうがいいかな?って思います(^-^;

50枚で1,250円+税金、分も加算されますので…。

まぁとりあえずデザイン色々あるので実際にみてご判断ください♪

※参照:ラクポの年賀状について

竹林から現れる、迫力満点のトラ!!!


デザイン番号:NENGA-2202152

虎はやっぱり強そう、怖いというイメージがあります。

それが表現されたのが、この竹林からのそっと登場するトラですね…

獲物を狙って出てきたかのようなひりつく空気感まで感じてしまいました!

色使いはシンプルな白黒と言えど、表現力は相当なものですよ。

初春はんことかわいいトラさんの白黒デザイン


デザイン番号:NENGA-2202164

昔、こんな感じの芋版とか作りましたよね!?笑

「初春」の文字と、その下にいるかわいいトラさん。

男性が出すにはどうかと思いますが(^_^;)、女性が出すシンプルなモノクロ年賀状としてはとっても良いと思います。

宛名も手書きして、サクッとお安く済ませちゃいましょう。

2頭で富士山、初日の出を眺める夫婦のトラがほっこり


デザイン番号:NENGA-2202162

こちらはご夫婦が出す年賀状デザインとしてぴったり!

新婚でも、結婚歴が長い方でも使えますよね。

二頭のトラが肩を寄せ合いながら仲良く初日の出を見ています。

表情は見えませんが、そこを年賀状の貰い手に想像させるのがポイントと言えそうです。

カードボックスのモノクロ年賀状デザイン

カードボックスは印刷料金安め、宛名印刷も無料。

ということで、こちらも安く仕上げたい方向けの年賀状です。

2022年は白黒デザインは20種類あり(昨年より6種類減少)、一般的なものから目立つものまで幅広めにありましたよ!

尚、私も過去にここでイラスト年賀状をオーダーしたころがあるのですが良い感じでした。

参考までに:カードボックスの年賀状は宛名印刷無料!体験談、感想など

和風なのにスマート、スタイリッシュな白黒年賀状

和風なのにスマート、スタイリッシュな白黒年賀状(カードボックス)
商品番号:12017

こちら完全に和テイストな白黒年賀状なんですが、かなりスタイリッシュ感がありますよね!

背景の「寅年」が薄めに浮かび上がっているようなおしゃれデザインです。

漢字や挨拶文も堅めなのに、それをデザインで崩すというアイデアが素晴らしいと思いました。

これがポストに入っていたら一瞬を手を止めて見入ってしまうと思います。

ハムスターみたい!トラのかわいい親子キャラクター

かわいい親子トラのモノクロ年賀状(カードボックスより)
商品番号:12014

トラと言えば威勢が良い、かっこいいものを想像しがち。

でもこのデザインはかわいい親子のトラです。ほっこりしますね!

横には円を描くように竹がありますが、白黒デザインながら竹が緑に見えるという不思議!

家族持ちの方が出すかわいい系の年賀状としては人気が出そうです。

凄い!トラだけで「2022」を表現した年賀状デザイン


商品番号:12019

寅年、西暦2022。

この数字をトラだけで表現したモノクロ年賀状がありました!

これを作った人のアイデア、発想力は素晴らしいですね。

ゼロの数字は寝ているトラで見事に表現。

またこれも白黒デザインながら、トラの背中は何となく黄色にも見えてくるから不思議です。

【最安】ネットスクウェアの白黒年賀状

では最後にネットスクウェアの年賀状をご紹介します。

こちらでは白黒デザイン、絵柄は21種類とちょっと少なめ。

デザイン自体もユニークだったりインパクトに残るものはさほどないのですが(^-^;…

何と言っても非常に安いのがメリットでありおすすめポイントです。

白黒であればデザインへのこだわりよりも安く済ませたい!という意向の方も少なくないでしょうし、そういった方には大変満足度が高いですよ。

2022年寅年用ネットスクウェアの白黒年賀状デザイン5種類

こんな感じで干支と絡めた白黒デザインが多いのがネットスクウェアの特徴と言えます。

よく言えば王道、悪く言えばベタ、、、とも言えますが、コスパはとくかく良い年賀状印刷サービスであるのは間違いありません!

各社の白黒デザインを料金比較!10枚単位での安さを見たい方はどうぞ

それでは最後に、白黒年賀状が安いおすすめ各社の10~100枚発注時の料金を細かく見ていきましょう。

ご自身が何枚くらい年賀状印刷をしたいのか?というイメージを持って、以下の料金表を見てみてくださいね。

単純に安さだけで判断したいなら、宛名印刷をどうするか?という軸で料金比較すればOKです。

白黒デザインの年賀状印刷4社・料金比較

注文枚数 ネットスクウェア ラクポ おたより本舗
※宛名印刷無料
カードボックス
※宛名印刷無料
宛名印刷しない 宛名印刷する しない する しない する しない する
10枚 2,079円 2,189円 1,900円 2,170円 1,952円 2,310円
20枚 2,732円 2,952円 2,640円 3,180円 2,717円 3,105円
30枚 3,387円 3,717円 3,380円 4,190円 3,482円 3,900円
40枚 4,087円 4,527円 4,120円 5,200円 4,247円 4,695円
50枚 4,771円 5,321円 4,860円 6,210円 5,012円 5,490円
60枚 5,586円 6,246円 5,560円 7,180円 5,757円 6,285円
70枚 6,341円 7,111円 6,260円 8,150円 6,495円 7,021円
80枚 7,053円 7,933円 6,960円 9,120円 7,220円 7,758円
90枚 7,787円 8,777円 7,660円 10,090円 7,939円 8,495円
100枚 8,474円 9,574円 8,340円 11,040円 8,651円 9,231円

※2020年10月2時点での料金(はがき代込み、税込み)です。
※11月、12月になると上記料金も異なりますのでご了承ください。

注文枚数によって最安値がどこか?は変動があります。

ですが、宛名印刷が全く不要であればネットスクウェア、ラクポ。

宛名印刷含め丸投げして楽をしたいなら、おたより本舗でしょうね!

今年の年賀状印刷、どこにしよう…とお困りなら!

ひろこ
毎年、年賀状の準備って大変ですよね(^-^;

いろんな年賀状印刷サービスがありすぎて、結局どこがいいのか良くわからない…そのお気持ち、とっても良くわかります。
私も数年前までまさにそんな感じだったのですが、独身時代から結婚、出産を経て、いろんな年賀状印刷を利用しまくりました!

※これら過去の実績の極々一部です笑
今まで作った年賀状の数々

おかげさまで年賀状作りが大好きになり、各社のポイントも自然にわかるように!

そんな年賀状マニアな私が、安くてコスパが良い今年おすすめの印刷サービスをトップページで心を込めて紹介しています。

要参照:年賀状印刷が安い!私のおすすめ比較ランキング

シンプルに安くてお財布に優しいところから、デザインが良いけどコスパも良いね!ってところまで、お気に入りの年賀状印刷サイトが必ず見つかるはず。

これを読んで、今年の年賀状の準備をサクッと納得の料金・満足度で終わらせてしまいましょう!

ぜひぜひ、参考にしていただければと思います。

-デザイン別

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング