年賀状の挨拶文

年賀状で長く会っていないご無沙汰な人への挨拶文、添え書きコメント例文

しばらく会えていないけれど、年賀状だけでは毎年交流を交わしているご友人や知人がいらっしゃる方も多いかと思います。

環境や状況で距離が出来ても、いつか何かの拍子にまた深くお付き合いできるという事も少なくありませんから、今会ってないとしても年賀状ではご縁を大切にしていきたいですよね。

しかし、普段から交流がない方への年賀状は、挨拶文や添え書きで悩んでしまうもの。

毎年同じような言葉で、
「今年こそは、会えたら嬉しいな!」
「今年こそ、会う計画立てましょう!」
なんて書いておいて、結局毎年会ってない…これ、かなりあるあるですね…。

気持ちに嘘はないんですけどね^^;

そこで今回は、ご無沙汰の友人へ、マンネリ化した年賀状にならない一言メッセージのコツと例文を紹介していきますね!

実際に作って分かったおすすめベスト5がコチラ!
⇒年賀状印刷が安い【2021年】
2021年うし年用の年賀状印刷で損したくない方は要チェック!

ずっとご無沙汰、会っていない人への挨拶文のポイント

今年こそは会えたらいいな~なんて本音(もしくは建て前)で思っていても、忙しさや距離などが理由で実現しない事って多いですよね(^-^;

それが続くと、せっかくの「今年こそ会おうね」のメッセージにも徐々に違和感やしらじらしさを感じてしまうもの。

そこで、長らく会えていない方へは、こんな内容を取り入れる事を意識してみてははいかがでしょうか。

友人、親戚、昔の上司など、相手は関係なく誰にでも適用できるはずです!
  • 共通の思い出に関する、楽しかったエピソードや気持ち
  • 自分の近況や抱負を伝える
  • 相手の近況を伺い、健康面などを気遣った一言

会っていない友人への年賀状で一言添え書き!

いくらご無沙汰になってしまっても、友人からの年賀状が届くのは嬉しいものですよね。

それは相手にとっても同じことだと思います!

お決まりの年賀状文句ではなく、楽しい気持ちになるような文例を考えてみましたので、友人との関係性を考慮して、アレンジの上ご活用ください!

共通の思い出の一言文例

学生時代の友人や、同じバイト仲間だった場合は、共通の思い出や、ささやかな微笑ましいエピソードを一言入れると、受け取った方も微笑ましい気持ちになる事でしょう。

  • 同窓会から気付けば早○年!楽しかったね!皆でまた集まりたいな
  • あの頃○○よく一緒にやったよね!またやりたい!笑
  • この前○○(バイト先)の前通ったよ!懐かしかった~

自分の近況報告を入れた添え書き文例

自分の近況報告の際は大げさなものでなくてOKです。 

最近ハマっている事や、気になっている事、一年の目標などでも十分です。

もちろん、引越しや家族の事など節目となるポジティブな報告も素敵ですね。

  • 最近太ってしまったのでランニングを始めました!今年も健康に気をつけて過ごしたいと思います
  • 今年はたくさん旅行をするのが目標です!1人旅もいいものですね
  • 春に○○県に引っ越します。初めての土地に家族揃ってワクワクしています
  • 今年は子供が小学校入学です!
  • 最近○○(習い事など)を始めました!脱・出不精目指してます!笑
元々仲が良い方であれば、面白い系の挨拶文や添え書きでまとめてしまうのもありです。

笑いでごまかす的な感覚も年賀状ならいいのではないでしょうか!

参考:面白い!年賀状の挨拶文でユニーク、ユーモアな添え書き・コメント例文

友人を気遣う内容の添え書きコメント例文

相手を気遣ったメッセージは、昨年相手から届いた年賀状などを見返してみると、それについて書きやすいかもしれません。

詳しい状況がわからない場合は、相手の健康を気遣う一言だけでも良いですね。

  • ○○とご家族の皆さまにとって実り多き年になりますように
  • ○○くん(ちゃん)も大きくなったんだろうな!時が経つのは速いけど相変わらず若くて綺麗な○○はかっこいい!
  • 今は仕事と主婦業が忙しいけど、気楽に頑張ろうね!○○の幸せを祈っています
  • 今度会える時までお互い元気でいようね!

久しく会っていない、もしくはほぼ会ったことがない親戚の場合

旦那さん側の、久しく会っていない、ほぼ会ったことがない親戚への年賀状。

これはズバリ嫁であるあなたが代筆する必要はありません。

受け取る側も、逆に返事に困ってしまう場合もあります。

しかし、やっぱり気になってしまう…そんな方もいらっしゃるかと思います。

本来なら旦那さんに書いてもらうのが一番ですが、どうしてもあなたが書かなければいけないなら、旦那さんや子供の事を報告としてシンプルに書き添えてみてはいかがでしょうか。

最後に、健康を気遣う一言で締めくくれば尚良いでしょう。

鉄板!家族の近況を知らせる添え書きコメント例

  • ○○さん(旦那さん)も子供のサッカーチームのコーチになり、親子仲良く過ごしています
  • 家族皆元気で過ごしています。長男、次男共に益々活発になっています
  • おかげさまで夫婦共々健康に過ごしております

相手を気遣う一言文例

  • 皆様お元気でいらっしゃいますか
  • 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます
  • まだまだ寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛ください
  • 良いお年をお迎えください

健康に配慮したコメント、及び挨拶文

ご無沙汰な親戚でも相手との距離感を見て適切な「健康気遣い系挨拶文」を作れたら最高です。

長く会ってないあなたからの年賀状でも、上手に健康を気遣った挨拶文を見ると「配慮できる素晴らしい人」という印象にもなりますしね!

これに関しては文章の作り方で気を付けたい点などもあるので、別途以下のページで情報をまとめておきました。

参考:年賀状で健康を気使う挨拶文や添え書き、一言コメントの例・正しい用法

添え書きやコメントの例文に関しても、堅めのものからフランクなものまで、一通り列挙しておきました!

疎遠になっている昔の上司への挨拶文、添え書き例

昔お世話になった上司とは、仕事の絡みがなくなると自然と疎遠になってしまうことが多いですよね。

そんな中、わざわざ年賀状を送ろうと思う程のお相手ならば、当時よっぽどお世話になったのではないでしょうか。

ですので、添え書きとしてはよく使われるような定型文の一言でもマナーとしては問題ありませんが、せっかくなので身近に感じられるようなメッセージを添えてはどうでしょうか。

実は、元上司への年賀状は考えようによっては、書く内容は沢山あるものです。

今までは上司・部下という関係からマナーを気にするあまり書けなかったプライベートな事なども良いでしょう。

上記の章で紹介した、家族の近況を知らせる例文や、趣味の事などでも問題ありません。

また、今後も仕事でお世話になる可能性のある方へは、自分の近況を書くのも良いですね。

  • 長い間ご無沙汰をしておりますが、ご活躍の事と存じます。
  • いかがお過ごしでしょうか。私は家族共々元気で過ごしております
  • ○○では大変お世話になりました。
  • ご一緒させていただいた、○○での事は今でも私の糧となっております
  • ますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます
  • 実は趣味の○○で、先日市民大会に出場しました

ご無沙汰な方も含め、共通の挨拶文+添え書きで安くネット注文するのがおすすめ!

多くの方がそうされると思うのですが、年賀状は基本的に同じ挨拶文にして揃え、あとは手書きで添え書きコメントを入れるようにしましょう。

この【共通の挨拶文】を印刷してしまうことで、年賀状の準備が楽になるわけです。

本当に仲が良い人とそうでない人で、共通挨拶文を変えた2パターンくらいを作っても良いかも知れません。

また写真を入れる、入れないで分けるのも良いでしょう!

疎遠な人には写真は見せたくない、って心理もありますからね(^-^;

参考:写真なし年賀状が安い、おしゃれなところ

最近ご無沙汰な方も、ここまで紹介してきたオリジナルの添え書きを一筆入れるだけで充分ですよね!

それだけでもう気持ちはちゃんと伝わるはずです。

そして私のおすすめはインターネットの年賀状印刷サービスを使うこと!

というのも、安くてデザインがおしゃれなところがけっこうあるんですよ。

決定版!
年賀状印刷が安い!おすすめのネット注文業者の比較ランキング

2021年の年賀状、どこで作ろうかお困りですか? それならこの5年間、いろんな年賀状を作りまくり、比較してきた私にお任せください! ネット注文業者をメインに何十社と年賀状印刷サービスを利用し、本当にお ...

続きを見る

デザインが簡素でシンプルすぎるものってもらっても正直あまり嬉しくありません。

それよりは、デザインにもセンスがあって、そこにあなたの添え書きがある!ものがずっといいに決まっています。

自分の為に良いデザインの年賀状を送ってくれたという感じも出ますし、他人の年賀状を比較しても印象に残りますからね!

これってずっと会っていない方への年賀状としてけっこう良くないですか!?

年賀状の準備がほぼ丸投げで安く作れるだけではなく、デザイン的にもオシャレ!

もう利用しない手はない!ってくらいに便利なので、今年の年賀状はぜひネット印刷注文業者さんを利用してみてくださいね!

-年賀状の挨拶文

Copyright© 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.