いろんな年賀状サイト解説

カメラのキタムラの年賀状印刷は安い?料金の仕組みや注文方法など解説


(画像引用元:年賀状印刷はキタムラにおまかせください

「カメラのキタムラ」はよく実店舗も見るし、有名よね!年賀状印刷もそれなりに人気みたい!料金的には安いのかしら?
キタムラさんはオリジナルデザインもあるんですが、けっこう他社と提携しているので、その分取り扱いデザインは多く見えますね!

そして安いかどうかで言えば、「普通」ですかね!

そっか、でもオシャレなデザイナーズ系のものも取り揃えているし、年賀状の総合デパート!みたいな感じよね~。

キタムラさんに関しては「お店に馴染みがあって安心!」

だから年賀状もお願いしてみようかな、、、という方が多いと思います。

デザインと料金に納得できればそれでOKだとは思いますので、このページでその判断材料となるようなポイントをわかりやすくまとめておきました!

基本的には、安さを求めるのではなく、良いものを適正価格でオーダーし、満足するサービス!と捉えると良いかと思います!

実際に作って分かったおすすめベスト5がコチラ!
⇒年賀状印刷が安い【2022年】
2022年とら年用の年賀状印刷で損したくない方は要チェック!

カメラのキラムラ 年賀状印刷の基本情報がこちら

デザイン数 800種類以上あり。
デザイナーズやキャラクラターも充実
割引制度 1、一般的な早割
2、複数注文割引(同シーズン中、2回目の発注から基本料金ゼロに)
印刷仕上げの種類 各デザイン毎に最初から決まっています(3種類あり)
印刷後の受取 1、お近くの店舗で受取り
2、自宅に送ってもらう(送料無料)
納期、発送時期 注文後、5~7日後が目安
宛名印刷 1枚33円(税込)
ポストへの投函代行 対応していません。
データ入稿 対応済み
はがき持ち込み 対応済み
その他特長 ・印刷料金自体はは別に安くはない=ふつうくらい
・最短1時間仕上げで店舗での受け取りも可能

キラムラさんの年賀状は安いから選ぶ!というものでありませんね。

いかにデザインを気に入るか、惚れるか...これに尽きると思います。

ちょっとお高くはなりますが、おしゃれ年賀状「レターズ」やキタムラデザイナーズ年賀状など、2ランクほど上のものもあります。

そういったデザインに魅力を感じて利用する年賀状印刷サービスだといえるでしょう。

おすすめの選び方としては、「デザインから選ぶ」ページから自分好みのテイストを見つけるやり方。

SNS風、和風、かわいい、干支、富士山などなど、わかりやすくジャンル分けされていますよ!

キタムラの年賀状、こんなデザインが用意されているよ!

キタムラではどういった年賀状を作りたいか?に合わせて、以下のような種類・タイプが存在しています。

  • キタムラ デザイナーズ年賀状
  • おしゃれ年賀状「レターズ」
  • 写真入り印刷年賀状(スタンダード)
  • キャラ&イラスト印刷年賀状
    ※キャラクターもの:ディズニー、かいけつゾロリ、かものフレンズ、いないいないばあ!、ヨッシースタンプ

普通のクオリティでの年賀状印刷なら「写真入り(スタンダード)」と「キャラ&イラスト」から、となります。

※とは言っても、キタムラさんの「普通」は、他社で言うところの「光沢あり・厚みありの銀塩プリント」レベルです!

それ以外はちょっと高級路線のキレイな年賀状を作るのに向いています。

またデザイン数は全部で1,000を超えているのですが、キタムラさん独自?と思われる旬なものもあってそれが印象的でした。

例えば、NHK「半分、青い。」のタイトルワークやMr.Childrenのアートワークなどを担当する森本千絵さんのデザインなんかもあります。

あとはラインにあるヨッシースタンプとのコラボ年賀状も!

こんな面白いデザインがあるなんてちょっと知りませんでしたよね!?

「これはキタムラだけ!」のデザイン

森本千絵さんのデザイン

連続テレビドラマ小説「半分、青い。」のタイトルワークを担当した方です。

デザインを見た瞬間、やっぱりプロだな!と思うと同時に、ぜひ使ってみたいという衝動に駆られるデザイン多数でした!

ヨッシースタンプデザイン

LINEのヨッシースタンプってご存知ですか?

たぶん一度は見たことがあると思うんですが、「うさぎ100%」「くま100%」のデザインがここで使えます。

「いないいないばあっ!」年賀状

お父さん・お母さんにはお馴染みの「いないいないばあっ!」。

ワンワンやうーたんデザインの年賀状を使えるのはかなりレアです!

種類はそんなに多くはないですが、同じ子を持つ家庭にこの年賀状を送った時のウケの良さは半パンではないでしょう!

おしゃれ年賀状「LETTERS」のレベル高っ!

めちゃくちゃオシャレな年賀状デザイン「LETTERS」というのがカメラのキタムラにはあります。

「まったく新しいハイセンスな年賀状」ということなんですが、まさにその言葉通りでそのセンスは抜群!なんですよね。

デザイナーズ系年賀状を探している方にはぜひ検討して欲しいなと思えます。

こういう年賀状もらえたら、新年からテンションぶち上げ間違いなしですよね!

デザイナーズ系年賀状がお好みなら!

こういったデザイナーズ系年賀状を探しているという場合にもう1つお勧めなのが年賀家族です。

ここもハイセンス系の写真年賀状を得意としており、20デザインまでは基本料金の追加なし!という点もカメラのキタムラさんに似ています。

どちらがより自分の好みに合うデザインがあったか!で決めれば良いと思うのですが、ぜひ併せて検討をすべきサービスだと思ってご紹介しておきますね!

要検討間違いなし:年賀家族2020が最高すぎた!クーポンや早割、デザインなど徹底解説

※ちなみに年賀家族は20デザインまでは基本料金が追加されません!

何デザイン選んでも基本料金はタダ!(複数注文割引)

カメラのキタムラでは特にデザイナーズ系をメインに魅力的なテンプレが多いわけですが、同一シーズン中に2回目以降の注文においては基本料金が無料となります。

1回目の注文後にクーポンがプレゼントされるのでそれと使って、という手続きに。

1回まずは注文しないと使えない方法なのでやや面倒ではあるんですが、いくつかのデザインを特に使いたい!という方には魅力的な割引ですよね。

これにより、

  • プライベートとビジネスで年賀状を作り分けたい場合
  • 送る相手によって写真や載せる個人情報を変えたい場合
  • 使いたい写真がいっぱいある場合

などに、よりお安く対応できるわけです。

要参照:複数注文割引キャンペーン|カメラのキラムラ公式

ということは、最初から2種類以上のデザインで年賀状をオーダーしようと思っているのなら、敢えて注文を2回に分けたほうがいい!ということですね。

っていうか、どうせなら1回の注文でもそうしてもらったほうが助かるんですけどね(^-^;

キタムラの年賀状印刷の仕組みと料金表

前述の通り、カメラのキタムラさんではいろんな種類のデザインを提供しており、それぞれで印刷料金は違います。

具体的には★★、★★★、★★★★と、デザイン毎に決められた星の数によって料金が異なる仕組みになっているんですね!

星の数と、デザインの関係性

★★★★:キタムラデザイナーズ年賀状
★★★:レターズ、キャラクター&イラストレーター
★★:スタンダード(写真入り)、自前写真を入れないデザイン

尚、★★の印刷画質は他社で言うところのフチなしのちょっと高級なものに当たります。

つまり、最初から安っぽい商品は置いていない!というわけですね。

●なぜきれい?フジカラーの年賀状
圧倒的に美しい仕上がりは、写真メーカーの銀写真プリントならではの超高画質な仕上げ方法(写真印画紙仕上げ)。きれいな色が長持ちします。半光沢の印画紙をはがきに貼り合わせて作るため、厚みがあり上質な仕上がり。写真専用のプリント方式により、きめ細かくなめらかで、自然な発色になります。

この中で最も一般的な、オーソドックスなものは「スタンダード」となりますが、注文枚数に応じての料金表が以下の通りとなります。
注文枚数 通常価格 早割価格 はがき代込み
30枚 4,000円 3,600円 5,460円
50枚 4,650円 4,185円 7,285円
70枚 5,250円 4,725円 9,065円
100枚 6,000円 5,400円 11,600円
150枚 7,200円 6,480円 15,780円
200枚 8,200円 7,380円 19,780円

※早割による割引率はタイミングによって異なります。
※上記、税抜価格です。

宛名印刷はできるけど有料(1枚30円)

最近は各社とも宛名印刷を無料にするところが増えました。

そんな状況の中、カメラのキラムラさんでは宛名の印刷は有料であり、1枚30円とやや高額な設定のままです。

つまり宛名印刷無料のところと比べてしまうと、100枚のオーダーで3,000円も差が出てしまうというわけですよね。

これはちょっと痛いかも、、、。

まぁキタムラにしかないデザインが使いたいならここは目を瞑るべきですが、必ずしてもそうでないならば宛名印刷無料の会社を検討するのも良いでしょうね。

要参照:年賀状で宛名印刷が無料サービスのところ

カメラのキタムラ独自の「宛名データ化サービス」


宛名データ化サービス|カメラのキタムラより

宛名印刷をお願いするためにはその住所データを作る必要がありますよね!?

でもそれって面倒、、、そんな時に実店舗を持つカメラのキタムラさんなら、年賀状やハガキを直接持っていくことでそこに記載の宛名をデータ化してくれるサービスがあるんです!

毎年多くの年賀状をいただく方にとってはこれはかなり便利だと思います。

料金は50件で3,500円(税別)~となるのですが、それ以降は多ければ多いほど1件あたりのデータ化の単価は下がっていきます。

100件でも4,500円ですし、今後もずっと使えるものなのでこれは利用の価値あり!ではないでしょうか。

カメラのキタムラで年賀状作成、やってみた!

キラムラさんなら店舗でも、そしてスマホでもアプリから年賀状作成・注文ができます。

ですが今回は一番利用数が多いであろうパソコンからの作成をしてみましたので、その流れを使用感をお伝えしようと思います!

選んだデザインなんですが、デザイナーズ年賀状より商品名:KGN-128のこちらにしました!!!

写真を大きく1枚使えますし、インパクトがあっていいですよね!

最近はスマホでも高画質な良い写真が撮れますし、こういうデザインでも十分にきれいな年賀状ができそうです。

  1. これが最初の編集画面ですが、まずは使いたい写真を保存場所から読み込みます。こんな感じで指示が明確でわかりやすいですよね!
  2. そしてアップロードした写真を選択すれば、自動的にデザインの枠内に収まりました。尚、写真枠が2つ3つとある場合はドラッグ&ドロップで画像の配置・入替ができます。

  3. ※お好みに応じて画像の回転や拡大ももちろんできますよ!

  4. 写真が決まったら、次は差出人の住所氏名の入力です。
    ですがこの時点で既に会員登録を済ませているはずなので、自動的に自分の情報が入ってくれてめっちゃ楽でした♪あとは家族の名前を連名で追加すればそれだけでOKですね!

  5. ※選べるフォントの種類も他の年賀状業者よりもちょっと多めでしたよ!

  6. また挨拶文などを自由に入れることもできますが、あとで出書きしたい方はここはスルーでいいでしょう。私もここでは特になにも入れていません。
  7. そしてこれはおまけ的要素ですが、けっこうたくさんの種類のスタンプを選んで付けることもできました。
    年賀状デザインに追加するスタンプというとちょっとダサいものがいいですが、キタムラさんのこれについてはおしゃれなものが多い印象ですね!
  8. あとは最後に写真にフィルタをかけられます!こんな機能は他では見たことがないので、さすが写真屋さん!という感じがしてちょっと感動かも。けっこう写真の雰囲気も変わるし、なかなか使える機能ではないかと思います。特に、ふんわりやウォーム、レトロフィルターはいい感じにオシャレになる場合も多いはずです。
  9. ここまで作業したらプレビュー確認し、問題ないようであればはがきの注文枚数や種類を選んでオーダーを確定させていってください。これ以降の決済方法等々については説明しても面白くはないので割愛させていただきますね!

なんか昔からある古臭い企業というイメージもあったんですが、年賀状印刷のこのサイトでの作成は非常に簡単で分かりやすく、終始作りやすかったです!!

それにデザイナーズ年賀状を選んだせいもあると思いますが、とにかくデザインがおしゃれで自慢の家族写真がホントに活きますね!これは作って正解だと思います。

キタムラブランドはやっぱり信用面で強いものがありますし、安い系ではありませんがかなり満足度の高い写真年賀状が作れるはずですよ!ぜひお試しください★

今年の年賀状印刷、どこにしよう…とお困りなら!

ひろこ
毎年、年賀状の準備って大変ですよね(^-^;

いろんな年賀状印刷サービスがありすぎて、結局どこがいいのか良くわからない…そのお気持ち、とっても良くわかります。
私も数年前までまさにそんな感じだったのですが、独身時代から結婚、出産を経て、いろんな年賀状印刷を利用しまくりました!

※これら過去の実績の極々一部です笑
今まで作った年賀状の数々

おかげさまで年賀状作りが大好きになり、各社のポイントも自然にわかるように!

そんな年賀状マニアな私が、安くてコスパが良い今年おすすめの印刷サービスをトップページで心を込めて紹介しています。

要参照:年賀状印刷が安い!私のおすすめ比較ランキング

シンプルに安くてお財布に優しいところから、デザインが良いけどコスパも良いね!ってところまで、お気に入りの年賀状印刷サイトが必ず見つかるはず。

これを読んで、今年の年賀状の準備をサクッと納得の料金・満足度で終わらせてしまいましょう!

ぜひぜひ、参考にしていただければと思います。

-いろんな年賀状サイト解説

© 2021 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング