年賀状の豆知識

年賀状の宛名の書き方をレクチャー!連名の使い方は?夫婦、子供、ビジネス対応

年賀状の宛名の書き方ってホント迷うわよね(^-^; 別に仲も良くない親戚夫婦とか、仕事関係の人とか…。
確かに!でも「これはダメ!っていうNG事項」をしないようにして、連名や役職の書き方の基本を守れば大丈夫ですよ!

私がこのページでその全てをレクチャーしましょう♪

実際に作って分かったおすすめベスト5がコチラ!
⇒年賀状印刷が安い【2020年】
2020年ねずみ年用の年賀状印刷で損したくない方は要チェック!

まずは宛名の書き方の基本を知る

目上の人や日頃お世話になっている人への感謝の気持ちを伝えると共に、新年のご挨拶として送る年賀状。

いざ書き始めてみると「あれ…?宛名の書き方ってこれで正しかったっけ?」と迷ってしまうことはないでしょうか?

会社の上司、親類、その他のお世話になった方々に送るわけですから、失礼にあたる宛名の書き方をして非常識だという印象をもたれてしまっては悲しいですよね。

せっかく裏面の文章や絵を心をこめて書いているわけですから、正しい宛名のマナーについても再確認していきましょう。

年賀状の宛名の書き方の基本、NG事項

  • 宛名を赤色で書かない
  • 修正テープ・修正ペンを使わない
  • 二重線を引いて書き直さない
  • 名前などは省略した文字ではなく正しい漢字を使う

宛名を赤色で書かない

宛名を赤色(及びその他のカラーペン)で書く人は少ないとは思いますが、これは縁起が悪いとされ、大変失礼にあたるので絶対にしてはいけません。

使って良いのは黒だけ!と覚えておいてください。

また黒でも薄墨のようにちょっと薄めの黒、グレーっぽい黒もありますが、そういう色も宛名書きには使ってはいけません。

修正テープ・修正ペンを使わない

書き間違えた場合も、修正液などでちょこちょこっと修正したい気持ちは抑え、新しいハガキに最初から書き直しましょう。

仲のいい方であれば許されるという意見もあるのですが、そう思っているのはあなただけ!ということも多々あります。

自分の名前や住所を修正テープで直されたら、正直それを見たほうは良い気はしないものです。

二重線を引いて書き直さない

二重線を引いて書き直すのもNGです。

これは本当に見た目が最悪です。

書き損じたハガキは郵便局で、5円の手数料払えば新しいハガキと交換してもらうことができますので、無駄にならずに済みます。

今はコンビニやスーパーでも年賀はがきは沢山売っていますし、あらかじめ多めに買っておくと安心ですね。

宛名は手書きが常識?横書きはダメなの?

そして皆さん1番迷うところは「縦書きか・横書きか」ではないでしょうか。

近年では横書きで宛名を書く人も多いですね。

縦書きって意外と難しいですよね…横書きの方が書きやすいから、なんてお気持ちも、とってもわかります!

「正式」には年賀状の宛名は縦書きするのがマナーとされていますので、縦書きか横書きかで迷われる場合は縦書きにするのが失礼のない書き方になります。

特に、目上の人や会社の上司や仕事関係の人に年賀状を出すときは、宛名は縦書きにするのが良いでしょう。

しかし、ごく親しい友人に宛てる場合や、表面に合ったデザイン性を重視したい場合などに横書きを選択されることもあるかと思います。

そんな場合は、表面も横書きで書き、横書きにそろえるようにしましょう。

表裏が統一されていないと、ちぐはぐな印象を受けてしまいます。

縦書きの場合も同様で、本文が縦書きなら宛名も縦書き。本文が横書きなら横書き。と、統一させる事がポイントです。

その際の数字の書き方については
縦書き:一、二、三などの漢数字
横書き:1、2、3の英数字
こちらも統一するようにしましょう。

最後に、名前などに間違いがないか、しっかりと確認しましょう。

ペンや筆で書く場合はもちろんの事、パソコンで入力したものを印刷する場合には特に変換ミスも起こりえます。

名前を間違えるということは、大変失礼にあたります。旧字体や当て字が含まれるケースもありますから、注意して間違いのないように書きましょう。

宛名は、表面以上に年賀状の印象を大きく左右します。

素敵なデザインや心のこもった文面の年賀状であっても、宛名の文字が雑だったり、マナーが守れていなかったりすれば台無しです。

字に自信がない方でも、丁寧に心をこめて書けば相手にも伝わるものです。

漢字や敬称などに間違いがないかも確認しながら書いていきましょう!

年賀状での宛名書きにおける、連名の正しい書き方は!?

家族や夫婦への連名の書き方

さて、年賀状を送りたい相手がご結婚されている時、連名で書くべきか?迷われるのではないでしょうか。

実はこちらに関しての正しい決まりはありません。

厳密にいうと、一般的には連名で書く事が望ましいとされていますが、特にお会いした事がない場合(遠い親戚など)や、ご家族と交流がない場合には特に悩んでしましますよね。

そんな時は、お相手の気持ちに寄り添ってみるのはいかがでしょうか。

年賀状というのは、新年のおめでたいご挨拶ですから、そこに自分の名前があって嫌な気持ちになる人はいません。

ご家族連名で出されると、送った相手のご家族だけでなく、相手の方にも喜んでもらえることでしょう。

連名にする際は、世帯主を一番右にフルネームで書きます。

それから奥様、子供の順番に、左に書いていきます。

世帯主以外の苗字は省略して、全員に「様」を付けましょう。

夫婦二人を連名で宛名書きする場合の手本

子供の名前を省略して、夫婦の名前だけで送ることも多いですが、親しい間柄の場合はお子様の名前もご一緒に書かれてみてはいかがでしょうか。

年賀状にお子様の名前があるだけで、「○○くん・○○ちゃんのところにも届いたよ~」なんて会話が新年早々されている事を想像すると微笑ましい気持ちになりますね。

子供も含めて家族全員分の宛名書きをする場合の手本

ちなみに我が家でも、これと同じ会話が繰り広げられています(笑)とっても喜んでいますので、わざわざ書いていただけると嬉しく思います。

子どもの敬称には「様」の代わりに、「くん」や「ちゃん」などを使っても問題ありません。

ただし子どもの年齢や、送り先の方との関係性によっても違ってくるので、迷った場合は「様」を使うと良いでしょう。

人数が多く書ききれない場合や、ご家族とは交流が浅く、正確な名前や漢字がわからない場合は○○家御一同様と、省略しても失礼にあたりません。

これは会社の同僚などに送る際も、この連名の書き方で大丈夫です。

会社向け(ビジネス)の連名の書き方

取引先の会社などに、お世話になっている担当者が複数いたり、お世話になっている部署が複数あったりという場合は注意が必要です。

仕事関係の年賀状を出すときは基本的に連名を使ってはいけません。

それは年賀状は個人が保管することになる場合が多いので、複数の名前が書かれていると扱いに困ってしまうためです。

なにより取引先の人に対する年賀状は、ビジネス上のコミュニケーションツールとしての側面が強いです。

お世話になっている取引先の担当の方それぞれに1枚ずつ出し、大事な取引先である事をアピールしましょう。

取引先の方への年賀状の宛名書き例

差出人欄の最後に電話番号を入れてもマナー違反にはなりませんので、是非ご活用ください。

特定の担当者がいない場合や全体でお世話になっている場合は、
→○○株式会社 △△部御中のように、部署全体に出しても問題ありません。
取引先に部署などなく、社長宛に出す場合は、
→社長名に御一同様などは付けず、社長名だけになります。
取引先に個人宛で出す時は、
→「会社名」「部署名」「役職名」と、行を変えて表記していきます。

敬称は名前だけで、会社名や部署名には付けません。

「株式会社」は「(株)」などと省略せず、どんなに長くても全て書きましょう。

住所のビル名や階数もきちんと表記することが必要です。

会社名「株式会社 ○○○○」は大きめに書きます。
(このとき、後ろに御中は付けません。御中を付けるのは、会社が宛名の場合のみです)

行を変えて一文字分下げて「部署名」を少しだけ小さ目に。

そして中心に名前を書きますが、名前の上部分に役職名を書きます。(役職名が長い場合は行を変える)

よくある間違いが、名前の下に「○○ ○○部長様」と書いてしまうこと。

名前に役職を付けるのは誤りですので、気をつけてくださいね。

日本の風習として昔からある『年賀状』、スマートフォンやメールなどで簡単に新年の挨拶が出来てしまう時代ですが、心をこめて書かれたものが郵便としてお正月に届く事は新年の晴れやかな気持ちに花を添えるような心温まる素敵な風習であると思います。

また、年賀状は、なかなか顔を出せない遠く離れた親戚やご友人、ご実家などに送ると大変喜ばれるものです。

様々なマナーがあり少し大変かもしれませんが、宛名のマナーは、年賀状意外にも活用できますのでこの機会に是非楽しみながら年賀状をご用意してみてくださいね!

【重要】宛名書きを絶対に間違えない方法!

ここまでまとめてきた項目なのですが、実は一切間違えずに、且つ楽に宛名書きを成功させてしまう方法があります!

それが、年賀状印刷サービスを利用するということなんですね。

但し、宛名だけの印字を受け付けてくれるサービスはありませんので、デザイン面の印刷含め注文をオーダーする必要があります。

でも最近は宛名印刷が完全無料のところも増えていますし、コスト的にもかなり安く済みます。

今や、個人でもビジネスでも年賀状の準備には有料の印刷サービスが当然!となっているんです。

要参照:年賀状で宛名印刷が無料のサービス

年賀状印刷サービスなら宛名リストを作るだけでオッケー!

具体的に何をしたらいいの?ってことなんですが、年賀状印刷サービスに会員登録後、マイページ内で宛名リストを作ってください。

そのリストで宛名印刷オプションを申し込めばそれで面倒な宛名書きからも解放されますよ!

尚、宛名リストはエクセルで編集するか、1件ずつ手入力で入れていくか、の二択になります。

労力として楽なのはエクセルによる一括編集⇒インポートとなりますが、手入力でもそこまで大変ではありません。

このように実際の宛名面への反映を確認しながらできるため、確実性も確保できますよ!

項目を埋めるだけで、取引先への年賀状もミスのない宛名の書き方ができちゃうわけね!

こんなのが無料でできるなんて最高ね!

※以下は宛名印刷無料の「ふみいろ年賀状」における宛名リスト登録画面

今年の年賀状印刷、どこにしよう…とお困りなら!

ちひろ
毎年、年賀状の準備って大変ですよね(^-^;

いろんな年賀状印刷サービスがありすぎて、結局どこがいいのか良くわからない…そのお気持ち、とっても良くわかります。
私も数年前までまさにそんな感じだったのですが、独身時代から結婚、出産を経て、いろんな年賀状印刷を利用しまくりました!

※これら過去の実績の極々一部です笑
今まで作った年賀状の数々

おかげさまで年賀状作りが大好きになり、各社のポイントも自然にわかるように!

そんな年賀状マニアな私が、安くてコスパが良い今年おすすめの印刷サービスをトップページで心を込めて紹介しています。

要参照:年賀状印刷が安い!私のおすすめ比較ランキング

シンプルに安くてお財布に優しいところから、デザインが良いけどコスパも良いね!ってところまで、お気に入りの年賀状印刷サイトが必ず見つかるはず。

これを読んで、今年の年賀状の準備をサクッと納得の料金・満足度で終わらせてしまいましょう!

ぜひぜひ、参考にしていただければと思います。

-年賀状の豆知識

Copyright© 年賀状印刷はこのネット注文が安い!おしゃれな年賀状比較ランキング , 2020 All Rights Reserved.